むずむずする肩こりに取り組んできました

むずむずする肩こりに取り組んできました。
「ムズムズするる肩こり」
「むずむずする肩こり(2)」
「むずむずする肩こりと筋肉反射テスト」

筋肉反射テストをつかうことで、このムズムズする肩こりの原因がどうやら、歯の治療によるものらしいことがわかってきました。

ただこれも、筋肉反射テストを根拠としている検査法ですから、この筋肉反射テストを非科学的だとして、否定するのであれば、それはそれで仕方がありません。

筋肉反射テストによると、どうやら、上の前から二番目の歯のブリッジが原因だ、という結果が出ます。

そのことがわかれば、やるべきことは、

前から二番目の歯を正しいポジションに収めてあげること、そして、そのポジションで安定させてあげることになります。

けれども、これとて、所詮、対症療法であり、根本的に治すには、歯の治療のやり直しということになるのだと思われます。

それまでの「つなぎ」として、そんな対症療法をしていきます。

歯の遠隔整体を試みる

この方、女性ですから、歯の整体をこころみるにも、これまでも、上唇の上から、歯茎を整体してきました。

やはり、直接「歯」に触れるのには抵抗があります。

何かいい手はないか、と考えていたら、「ああ、そうだ、遠隔で歯に触れればいいんだ」とおもいつきました。

上手くいったかどうかの、判断も、やはり筋肉反射テストで判断します。

はじめに、前から二番目の歯に触れてもらい筋肉反射テストを行います。

力が入らず、支持することができません。

遠隔で整体します。

思いついたのは、この方の傍らにガイコツ君を置き、そのガイコツ君の歯を整体して、結果をだせるかどうか、ということです。
上の前から2番目の歯
ここほ歯を押し込んでいきます。

ガイコツ君ですから、力も強めに押し込んでいきます。

この方、本人には、指一本触れていません。

筋肉反射テストを行います。

やはり、明らかに、力がはいってきました。

成功です。

この整体を2セッション行います。

また筋肉反射テストを行います。

ますます、力が入ってきました。

半身症候鍼灸法もつかう

この状態を維持するために、茂木昭先生の半身症候鍼灸法もつかいます。

右の「天柱」に一点、鍼を打ちます。

ますます、筋肉反射テストの力が入ってきます。

さらに、唇の上から歯茎を整体します。

軽くただ触れていくだけです。

すると、

「あ、抜けた!」といいます。

右の後ろの首筋のむずむず感がスッと抜けたそうです。

この状態を維持するために、またまた茂木昭先生の半身症候鍼灸法です。

このセッション。

遠隔整体ー直接の歯茎の整体ー茂木昭先生の半身症候鍼灸法

このセッションを二回繰り返しました。

むずむず感を解消する整体の方法

このむずむず感の抜けた状態を維持できているようです。

この状態をいつまで維持できるのか?というのはわかりませんが、

むずむず感を解消する整体の方法は確立できたと思われます。

遠隔整体も試みさせていただき、こちらこそ、大変お勉強になる整体となりました。