腰痛は上肢の整体でも解決します

体をねじって腰およびお尻にかけて痛みが出る方は多いものです。

このような症状は案外、上肢・上からの整体でも解決します。

立位で動診、両手を前であわせて、体幹を左右にねじってもらいます。

体を右にねじると、左の腰からお尻にかけて痛みが出たり、

体を左にねじると、左の腰からお尻にかけて痛みが出たりするケースが出現します。

全身の連動を考えてみます

体を左にねじります。

すると、あたりまえですが、体幹は左にねじれるわけです。

この時の右の腕の動きをみてみます。

体幹に連動して、右の腕も左にねじれます。

右の上腕が内旋し、前腕も回内します。

ここで、例えば、上腕の内旋に可動域制限があったり、

前腕の回内に可動域制限があったりすると、

体幹の左ねじりの動作にも、可動域制限が出現するということです。

腰痛と結帯動作との関連性について

私の研究テーマの一つである結帯動作。

この動作は、まさに、上腕を内旋し、前腕も回内する動作そのものです。

ですから、この動作で可動域制限がある場合、この可動域制限を解消する整体をしますと、

腰痛・腰の痛みが解消するケースが多いことに気づきました。

結帯動作の可動域制限を解消する整体は、上腕・前腕のコリ・拘縮を解消する整体ですから、

そのまま、体幹の動きを制限する要因を取り除くわけですから、腰痛・腰の痛みが解消するわけです。

体の動きを軸の回転としてとらえる

全身がこのように連動して動きます。

腰の動きは、上肢、腕の動きを無縁ではありません。

そのことに気づくと、解剖学用語というのは、やはりうまくできています。

下半身が屈曲すると、上肢も屈曲することになっています。

下半身が左に回旋すると、上半身も左に回旋するようになっています。

そのように、用語が統一されています。

また、このことは、体の動きを軸の回転としてとらえることと共通してきます。

そのように、とらえると、体の連動が見えてきます。