肩が下がっている症例についての論考です

肩が下がっている症例についての論考です。

こんな具合に左肩が下がっています。
IMG_1055[1]
なんとなく、腰のすわりも悪いように見受けられます。

この方の主訴は、左の腰が重苦しくこった感じがあるということです。

左の腰が痛た苦しいので、マッサージ屋さんでもんでもらうんだが、そのときはほぐれた感じはするけれども、、、。

ということです。

どこをもんでもらったのかをたずねますと、「左の腰」ということです。

左の腰をもんでもらっても改善しないということは、原因は左の腰ではないということです。

腰よりも肩が気になります

本人の主訴は、腰ですが、左の肩が下がっているのが気になります。

体幹全体も左に傾いているようです。

こういう仮説をたてます。

体幹全体が左に傾き、当然、左の肩も下がります。

その傾きが左の腰を圧迫して、左の腰に痛た苦しい感じを引き起こしているのではなかろうか、ということです。

肩が下がっている原因はどこなのでしょうか?

左の肩が下がり、体幹がひだりに傾いている原因はどこなのでしょうか?

もちろん、腕・上腕であったり、肩甲骨周辺の筋肉に問題があるケースもあると思われます。

背中が丸くなるということは、背中が引っ張られて、テンションがかかっているということです。

すると、背中から肩甲骨周辺までが下に下がってくるにちがいありません。

この方の左の肩は骨盤が後傾しているために下がっているに違いない、と推察します。

骨盤を後傾させているのは、、、

さらに考えます。

骨盤が後傾するのは、なぜだろう?

太ももの後面の筋肉にコリがあれば、骨盤は後傾するにちがいありません。

そのように、カパンテイの本にも書いてあります。

太ももの後面の筋肉を整体します。

すると、ここまで、左右の肩の高さがそろってきました。
IMG_1058[1]
肩の高さがそろってくることで、体幹の負担が軽減され、左の腰の痛・苦しい感じも解消されるにちがいないと、考えております。