右の首の付け根が痛くて、苦しい

肩こり 首の付け根の痛みと肩関節の亜脱臼についてのレポートです。

右の首の付け根が痛くて、苦しいといいます。

このような症状を訴える方は多いものです。

ここ岩手に転勤してきて、インターネットで当院を探してくれました。

ありがたいことです。

聞けば、全国あちこちの勤務地でいわゆる「荒治療」を受けてきたようです。

カイロプラクテックがお気に入りで、ボキボキ、バキバキしてもらうのがお好みのようです。

残念ながら、当院はそういうことはしないので、「ご期待に沿えればいいですが、、、」ということで整体することにしました。

お話を聞いている、問診の段階で、「なで肩」であることに気が付きました。

「なで肩」といえば、、、。

動診してみます。

首を左右にねじってもらうと、右の首の付け根に痛みが走ります。

また、首を左に倒してもらっても、右の首の付け根に痛みが走ります。

肩・腕を動診してみます。

右肩を横からあげてこうとすると、「ズシン」と腕の重さがつたわってきて、あげることができません。

これは、右の肩が亜脱臼しているせいです

すかさず、「ああ、これは、右の肩が亜脱臼しているせいですよ」と伝えます。

あちこちの整体院を渡り歩いてきた「猛者」の方ですから、「たぶんね」と頼りなげに付け加えます。

すぐに、亜脱臼の整体を試みます。

この亜脱臼の整体は当院オリジナルの整体です。

ただ、肩・腕を回すだけです。

そこには、いろいろとコツがあるわけですがね、、、。

当院オリジナルの肩関節の亜脱臼の整体をしますと、

肩を横からあげていく動診をしても、腕の重さが伝わってきません。

腕が軽くなって、スイとあがります。

肩関節がうまくジョイントしました

これは、肩関節がうまくジョイントした証拠です。

「ああ、確かに肩が軽くなった」と言ってもらえます。

さて、首を動かしてみます。

すると、首をねじっても、横にたおしても、首の付け根の痛みは出なくなりました。

上手くいきました。

「こんな簡単なことで、首の痛みがとれてしまうの」と驚いてもらえます。

2年ほど前に草野球をやっていて、肩が痛くなって、それから、ずっと、肩の重苦しい感じが抜けなかったのだそうです。

肩関節が亜脱臼することで、腕の重さに引っ張られて、首筋まで苦しくなっていたにちがいありません。

肩こりだからといって、首回りに原因があるわけではありませんね。

原因を適確に見抜くことができれば、「荒治療」なんて、必要がないということですね。