肩こりで首がまだ、スムーズに横に倒れてくれません

肩こりで首がまだ、スムーズに横に倒れてくれません。

まだ、左に倒すと、みぎの首すじ、首の付け根に痛みがでます。

まだ、整体のアプローチが足りないようです。

さて、どこだろう?

定番の結帯動作、腕を後ろに回す動作の動診をしてみますと、やはり、窮屈感があります。

ここを狙ってみよう!と決めます。

結帯動作を改善させるためには、もう、これも定番になった整体、上腕三頭筋を整体します。

上腕三頭筋を整体します

上腕三頭筋との筋肉の連結で三角筋も整体していきます。

すると、当たり前ですが、結帯動作は改善されます。

首の動診、首を左に倒してみます。

可動域が改善されています。

首の付け根の痛みも減っています。

狙います!

上腕三頭筋。

長頭・外側頭・内側頭。

三つに分かれている、それぞれの筋肉を整体します

三つに分かれている、それぞれの筋肉を整体します。

長頭の起始部である、脇の下も。

どうやら、この方の首を横に倒せない原因の筋肉は、この上腕三頭筋だったようです。

明らかに、可動域は改善され、痛みも減少、ほぼ消失しました。

ずいぶん手こずりましたが、なんとか、成果をだすことができました。