首を右に倒すと、左の首筋が張って苦しい

首こりで首筋が苦しいといいます。

首こり・肩こりの方には、よくある症状です。

首を右に倒すと、左の首筋が張って苦しいと言います。

はじめは、筋肉のコリを想定して、肩回りから首回りにかけての筋肉を整体していきます。

まずまずです。

けれども、まだ、何かが足りません。

首筋を触れてみますと、パンパンに張っています。

この首筋のはりを整体することにしてみます。

筋肉的には「僧帽筋」といえます。

けれども、僧帽筋の可動域は十分、良好です。

僧帽筋をつまもうとしても、つまめません。

何と表現したら良いのでしょうか。

僧帽筋の表面の「皮膚」と「僧帽筋」の筋肉そのものの間がはっていると言えばよいのでしょうか?

皮膚をつまんで整体する

いずれにしても、皮膚をつまむことができないわけです。

これはもう、「つねつね」整体を試みます。

「痛い、痛い」を体をよじります。

けれども、「つねつね」整体を試みますと、明らかに、首の可動域が改善されます。

これは、続行するしかありません。

皮膚をつまめるようになるまで、「つねつね」整体を試みます。

皮膚のつねつね整体

皮膚がつまめるようになると、首筋の苦しさも緩和され、可動域も改善されました。

筋肉のコリばかりではなく、このように、皮膚や皮下組織も整体する場合も必要に応じて出てきます。

患者さんの症状を見極めながら、盛岡せんぼくバランス治療院は、肩こりを整体していきます。