三角筋とお尻の筋肉との関係

肩こりと三角筋との関係については、興味深い臨床にいくつも遭遇してきました。
「肩こりと首の回旋」

肩の筋肉である三角筋について、ことあるごとに、すべての臨床において、検証を進めてきております。

すると、やはり、また、興味深いことに気づきました。

当たり前のことですが、三角筋が原因である筋肉のコリ・拘縮であれば、素直に三角筋を整体すれば、それなりの成果は出ます。

けれども、その三角筋のコリ・拘縮が三角筋が原因ではなく、ほかのところのコリ・拘縮が原因で三角筋がコリ・拘縮を起こす場合もあるわけです。

こうなると、いくら、三角筋を整体しても、三角筋はほぐれることなく、そのコリ・拘縮はそのまま残ります。

これも、これからの臨床で検証していくことになるわけですが、

今回、遭遇したのは、三角筋とお尻の筋肉との関係です。

人間の骨格は、もともと、四つん這いの骨格であり、そのまま直立してしまったのが人間であるといわれています。

四つん這いになってみます。

前肢と後肢となります。

前肢はもちろん両方の腕です。

後肢は両方の足です。

前肢と体幹のジョイント部分に位置しているのが、三角筋です。

そして、後肢と体幹のジョイント部分に位置しているのが、お尻の筋肉群です。

さらに、その位置関係をよく観察してみますと、

三角筋の前部繊維ー小殿筋。

三角筋の中部線維ー中殿筋。

三角筋の後部繊維ー大殿筋。

このような関係があると思われます。

さらに、肩関節と股関節の関係は、同じ側で関係するのではなく、

対角線上で関係するということです。

つまり、右の肩関節は左の股関節と。

左の肩関節は、右の股関節と。

ならば、右の三角筋にコリ・拘縮が認められた場合、左の殿筋群の整体を視野に入れなくてはならない、ということです。

殿筋群を整体することで、臀部ー背中ー肩回りも楽になり、三角筋もほぐれ、

首の動きも改善されるという事例も目に付くようになりました。

まだまだ、三角筋の探究も進めていきたいと考えております。