肩こりと操体法

私のメインの整体の技は、操体法ということになるわけですが、

操体法のスゴイところは、なんといっても、その枝・葉は無限に広がっていくことです。

基本さえおさえれば、その整体の応用は肩こりばかりか無限にひろがります。

また、ひとつ発見しました。

肩こりのためのバンザイ操体です。

常連さんのYくんです。

肩と首の窮屈感・肩こりを訴えます。

触診してみますと、肩甲挙筋の付着部、肩甲骨の上角にしつこい肩こりです。

肩甲挙筋むけのいつもの肩こり整体、両肩上げの操体をしてみても、どうしても、少々肩こりが残ります。

腕をバンザイしてもらいます

たまたま、腕をバンザイしてもらったら、その瞬間、その肩こりがスッと消えました。

「ああ、そうか。腕を上にあげたかったんだ」とわかりました。

「これ、いただき!」。

バンザイでいってみよう、そんな感じでした。

あとは、バンザイに、両足の動きをたしてもらって、全身がグワ~ンと連動するように、工夫してあげます。

コリがわかったら、そのポジションを整体するために、全身の連動をつかうというのは、

操体法の得意なアプローチの仕方ですね。