三角筋と可動域制限

三角筋という筋肉は大変大きくてボリュームもある筋肉です。

肩にふれると、盛り上がっていることから、触れるのも容易です。

こんなに大きい筋肉であるにもかかわらず、この筋肉が拘縮したらどのような可動域制限を引き起こすのだろうか?

と考えてみれば、案外この筋肉はないがしろにされているような気がします。

例えば、首の側屈、左右に倒す動きにも可動域制限を引き起こします。

また、結帯動作でも可動域制限の原因の一つとなっています。

三角筋の拘縮

三角筋が拘縮すると、この筋肉は肩甲骨・鎖骨と上腕骨を結ぶ筋肉ですから、

肩甲骨を外転、外に引き延ばすうごきが生じるのは想像できます。

肩甲骨が外転すると、首の側屈の動作で可動域制限を引き起こします。

この首の側屈の可動域制限がある場合、三角筋の停止部、三角筋粗面への整体が有効なケースにたびたび遭遇します。

やはり、筋肉を整体する場合、筋腹よりも、その付着部である、起始部・停止部を狙っていくことは鉄則です。

起始部・停止部を整体して、関節の可動域制限がいかに緩和・解消されるかを観察していきます。

その積み重ねの日々といえましょう。