僧帽筋は肩こりのエリアをすべてカバーしている

肩こりと僧帽筋についてのレポートです。

肩こりといえば、もう僧帽筋を狙うのは、あたりまえ中の当たり前ですが、

当たり前すぎて、理解できていないことは、たくさんあります。

肩こりが生じるエリアをこの僧帽筋がすべてカバーしているといってもまちがいではありません。

肩こりのエリアをすべてカバーしているからといって、その症状の原因のすべてが僧帽筋なわけではありません。

また、表層筋、体表を覆っている筋肉ですから、触診しやすいのですが、そのすべてを触れて、理解してるわけでもありません。

例えば、
IMG_1121[1]
この写真は、僧帽筋をつまんでいるのですが、

このつまんでいる部分の前、前部にまた、ピ~ンと一本張り詰めた筋肉線維があるわけです。

これもまた、僧帽筋で、この筋肉線維こそ、肩こりの悪さをする筋肉の一つです。

まさに、鉄板のように固くなっている方が結構多いものです。

なぜ、こんなにまで、硬くなるのかを考えた場合、

肩甲骨と鎖骨が外方に離開する

僧帽筋の停止する骨である、肩甲骨と鎖骨が外方に離開したせいではなかろうか、と推測します。

ですから、肩甲骨と鎖骨を背骨の方にもどしてあげると、この固くなって、張り詰めた筋肉線維はいくぶん軟らかくなるものです。

また、首の左右の側屈の可動域も変化が出ます。

この僧帽筋を整体することで、私の整体のテーマのひとつである、結帯動作も改善される場合もあります。

薄くて広い面積をカバーする筋肉だけに、さまざまな症状を誘発するものです。