足から整体すれば首は動く

「首がまわらなくなりそうなので」ということで、ご来院いただきました。

時々、同じ症状でご来院いただいております。

この方には、首がまわらない際には、足から整体すれば、首が動くということを学ばせていただきました。

「足からきてるのか、肩回りなのかわかりませんけど」と、もう、私の手の内をご存じです。

動診してみます。

左右のくびの回旋と、左右の側屈、いずれも窮屈感があり、右の首筋に痛みが走ります。

仰向けになってもらい、両膝を倒してもらっても、どちらも、腰に窮屈感がでます。

もちろん、「足」から整体します。

なんといっても、先日、仙台操体医学院の今昭宏先生の四十肩・五十肩を足から整体する臨床をみていますので、さらに、足からの整体に磨きをかけたいという思いです。
「四十肩・五十肩を足から整体する」)を参照してみてください。

足を触診していきます。

足の指、足の親指の側も小指の側も。

足の小指側・小指外転筋を整体しますと、これで、膝倒しは楽になり、首も、左右にまわりはじめます。

けれども、まだ、少々、窮屈感は残ります。

足の、親指側・母指外転筋を整体しますと、
IMG_1164[1]
腰の動きはさらに、軽くなり、首の可動域はさらによくなります。

首の側屈の可動域制限

ただ、首の側屈には、まだ、可動域制限があります。

ここまで、いってから、上半身を整体します。

鎖骨下を整体していきます。

この方は、週末にテニスを楽しんでいて、テニスを頑張りすぎると、首が動かなくなります。

ですから、足の整体とともに、上半身の整体も欠かせません。

この鎖骨下を整体しますと、やはり、首は左右に倒れるようになります。

やはり、上半身の症状、不具合は足から整体していくことは、必須のアプローチとなってきました。