肩こりも奥が深い

肩こり。

やはり、肩こりも奥が深いといわざるおえません。

首筋ばかりではなく、肩の付け根の方まで、しっかり触診するように心がけています。

最近は、手までも調べていきます。

手のコリからも肩こりになります。

するとですね、肩甲挙筋とはべつに、また、菱形筋とも別な筋肉が横にひろがっているわけですね。

もちろん僧帽筋ともちがいます。

肩こりの原因としての棘上筋

ハテ、サテ、とさぐっていくと、そうです、棘上筋だったんですね。

いや~、情けない。

ところが、この棘上筋からくる肩こりも実は多いんです。

そして、五十肩で肩があがらない人の原因でもまた、この棘上筋が凝っている人が多いんです。

この棘上筋の肩こりをほぐしてあげると、腕もあがり、また、上腕部の圧痛も解消できるというわけです。

棘上筋をリリースする操体法ですが、やはりいろいろ、試すしかありません。

それも自分の体で。

とりあえず2パターンみつけました。

ひとつは、肘と膝をつかって、ク~といくヤツです。

肘でベッドを押し込んでいきます。

もうひとつは、腕を内旋、内にねじりながら、全身を連動させながらグワ~ンといく整体です。

実はわたくしも右の腕といいますか肩に違和感があってなかなか上手く解消できなかったのですが、これ、けっこういけます。

Sくんがご来院してくれたとき、この棘上筋が凝っていて試してみたら、「お~、痛くねえな!」と喜んでもらえました。