首こり・板状のコリ

常連のSさんです。

首スジの肩こりの整体がひととおり終わり、確認のために、首スジをズート下まで触診してたどります。

ああ、残念なことに、そこにはまだ、肩こり・板状のコリが残っていました。

この首こり、肩甲骨の上角からではないので、これは菱形筋、それも上に位置して、頚椎および胸椎へと横にはりついているので、小菱形筋にちがいありません。

この小菱形筋がコッている肩こりの方は、けっこう多いものです。

肩甲挙筋かと思いリリースを続けても、まだ、コリが残っている場合、実は、肩甲挙筋ではなく、この小菱形筋のケースが多々あります。

頭板状筋か?頸板状筋か?

まあ、筋肉が重なりあいますので、上下に伸びる、頭板状筋・頸板状筋とも、いえる微妙なポジションです。

Sさんも同じポジションに肩こりがのこっています。

操体法の圧通操体法が有効です

この小菱形筋および頭板状筋・頸板状筋の肩こりの整体には、なんといっても操体法の圧通操体法が有効です。

横にはる板状のコリを押さえながら、体幹を快適な方向に動いてもらいます。

すると、触れている、板状のコリにスッーと指が溶けて入り込む感覚が出てきます。

よ~し、整体完了です。

この菱形筋の肩こりは体幹との関連が大変深く、この体幹の動作を加えることで、肩こりが一気にリリースされますね~。