肩こりで、一か月に一度、定期的にメンテナンスです

肩こりで、一か月に一度、定期的にメンテナンスにご来院いただいているFさんです。

一か月に一度ですから、どうしても、どこかに痛み、違和感はでてくるものです。

今回は、ここです。
img_09951
右の肩、首の付け根のところに痛みが走るといいます。

首を動かしてみます。

ねじりは大丈夫なのですが、左右に首を倒してみますと、

右に倒しても、左に倒しても、右の首の付け根のところに痛みが走ります。

首を左右にたおして、首の付け根に痛みが走る場合、肩甲骨の外側縁を整体すると、痛みが消えるケースは多いものです。

肩甲骨の外側縁、上から、棘下筋、上腕三頭筋、小円筋、大円筋です。

整体していきます。

確認してみますと、まだ、あまり、首の付け根の痛みは楽にはなりません。

Fさんには、肩甲骨の間のコリと臀部との関連性について、学ばせていただいた経緯もあります。

ですから、下肢および臀部の整体からアプローチしてみます。

けれども、残念なことに、まだ、首の付け根の痛みは楽になってきません。

それでは、仕方がありません。

肩こりの患部を整体します

直接患部を整体していきます。
img_09671
お馴染みの「てい鍼」をつかって、整体します。

「てい鍼」で触れていきますと、コリの感触が増幅されるせいか、凝っている部分の感触が良くわかります。

不思議なものです。

確かに、コリの感触は伝わってきます。

けれども、残念なことに、まだ、首の付け根の痛みは楽になってきません。

体の後面を下肢からお尻、背中、肩甲骨まで、整体して、まだ、成果を出せないのであれば、

残すは、体の前面ということになります。

鎖骨下を整体します

「鎖骨下」に触れます。

鎖骨下にふれながら、首を左右に倒してもらうと、痛みがでません。

な~るほど、そういうことでした。

鎖骨下の整体を進めます。

回り道をしたわけですが、そういうことで、一件落着となりました。

肩こりで首の付け根に痛みがでる場合には、体の後面ばかりではなく、前面にも配慮しなくてはならないということです。