「背中が痛いような苦しいような感じがぬけなくて」

「背中が痛いような苦しいような感じがぬけなくて」ということでご来院いただきました。
背中の痛み
「初めは肩こりだったんですが、だんだん痛い感じがあちこちにひろがってきて、、、」

「調べていくと、なんだか繊維筋痛症のような気もしてきて、、、」

「整形外科でトリガーポイント注射をうけています」

「一番きついのが、背中で時々、背骨がコキッとか鳴る時があるんです」

あまり深刻に考えないのが当院の特徴です。

首こり背中の痛みを念頭に置いて整体していくことにします。

背中や首の症状にはまずは、「手・腕」の整体からというのが、当院のスタイルです。

おや、まあ、ところが、手も腕もあまりコリらしいコリがありません。

けれども、首の動診をしてみますと、

首を横に倒すと、痛みが走ります。

「手・腕」に原因がないのであれば、、、

腕を上げてもらいながら、首を横に倒してもらいます。

肋骨を整体します

私は肋骨に手を触れながら、軽く上・頭方に肋骨を上げてみます。
肋骨の整体
すると、首を横に倒してもらっても、首に痛みがでなくなりました。

どうやら、「肋骨」に何かありそうです。

さらに、両手で肋骨をはさみこみながら、深呼吸を何回かしてもらいます。

「肋骨の骨の操法です」。

こ~んなことをするだけで、首の可動域もよくなり、

「背中も軽くなった~」と喜んでもらえましたよ~!