体を後ろに反らすと腰に痛みが出る腰痛

体を後ろに反らすと、腰に痛みが出る腰痛は多いものです。

また、体幹を反らすと痛みが出ることから、

体幹および、足の前面の筋肉の拘縮が影響を及ぼすことは、容易に想像がつくことです。

例えば、大腿四頭筋を整体することで、体幹の後屈が改善されることは、良く知られたテクニックの一つと言えます。

このこと、体を後ろに反らして腰に痛みが出る症状を整体していて、不思議に感じていたのは、

体の前面に位置していて、なおかつ大きくて強い筋肉にもかかわらず、あまりこの後屈の制限に影響を及ぼしていないように思われる「前脛骨筋」の存在です。

下肢のスポーツ障害の際には、「シンスプリント」ということで、痛みを生じますが、腰痛とはあまり関連性がないように思われていました。

下肢の後面のふくらはぎの筋肉群とはその影響力は格段のちがいです。

ところが、やはり、そんなことはないことに、いまさらながらに気づきました。

足の骨を見てみます。
これが舟状骨です。

足の骨で、一番内側に出っ張っている骨です。

この舟状骨の足底面に「後脛骨筋」が付着します。

そして、この舟状骨の前の骨、
内側楔状骨の足底面に「前脛骨筋」が付着します。

この内側楔状骨に触れるのが、できそうで、なかなかわかりづらいものです。

内側楔状骨の足底面を整体しますと、やはり体幹の後屈が改善されました。

前脛骨筋は体幹の後屈の制限に関わっていることがわかります。

この前脛骨筋で不思議に思っていたのは、この筋肉は脛骨から始まるわけですが、

太ももの筋肉群とは連結していない、ということです。

では、どのようにして、太ももの筋肉群と連結していくのか疑問だったのですが、

どうやら、個人的な臨床からの推測ですが、

脛骨粗面周辺の骨膜を介して、大腿四頭筋および腸脛靭帯と連結しているに違いない、と実感しております。

研究者の検証を待つしかありませんが、そのように考えないことには、この体幹を後屈して腰に痛みがでる症状を、

前脛骨筋を整体することで改善させることができた理由が説明できなくなります。

皆様のご検証をお待ちしております。