体を後ろに反らすと腰が痛みます

体幹・体を後ろに反らすと腰に痛みがでる腰痛です。

毎週メンテナンスに通っていただいているのですが、整体が終わった段階ではまずまずのところまで回復するのですが、

また、まずまずの段階になるまで整体するわけですが、

一週間たつと、やはり体をうしろに反らすと腰に痛みがでます。

まだ、何かが足りない、まだ腰痛の一番の原因にまで到達できていないようです。

腰痛の分類

腰痛の臨床での分類はその動診からふたつに分類することが出来ます。

その動診というのは、体幹を前屈して腰に痛みが出るのか、

体幹を反らして・後屈した際に腰に痛みが出るのか、

という分類です。

この分類でわかることは、

体幹を前屈して腰に痛みが出る場合は、その原因・トリガーポイントは下肢、骨盤から下に存在する。

体幹を後屈、反らして腰に痛みがでる場合は、その原因・トリガーポイントは骨盤から上、上肢に存在する、ということです。

この方の腰痛は体幹を後ろに反らした際に出現する腰痛ですから、その原因は上肢にあるにちがいありません。

これまでにも、いろいろなポイントを探索してきました。

例えば、体幹の前面のお腹であったり、

その流れで肋骨であったり、鎖骨下であったり。

また、前腕の前面であったり、、、。

特にお腹は、触れると「くすぐったい」と体をよじりますから、お腹にコリがあることは確かで、お腹を整体するとそれなりに成果は出せています。

けれども、まだ、何かが足りないようです。

上腕二頭筋を整体する

後ろに反らせない腰痛ですから、その原因は上肢にあるはずだ、という信念のもとに、トリガーポイントをあきらめずに探っていきます。

前腕から触診、整体していきます。

少々、成果は出ます。

もう少しさかのぼって、肘関節、上腕二頭筋に触れます。

すると、そこにコリを触れます。

上腕二頭筋の停止部、橈骨粗面です。

かなり痛がります。

この方は工場で働いていますから、立ち仕事であり、また重い荷物を持ったりする作業がともないます。

当然、腕も使います。

上腕二頭筋は力こぶの筋肉ですから、その使用頻度は高いわけです。

この橈骨粗面と上腕二頭筋の筋腹を整体します。

そして、検証します。

立位で体幹を後ろに反らしてもらいます。

明らかに、腰の痛みが軽減し、体を後ろに反らすことが出来ます。

確かに、これまで、この上腕二頭筋の整体はこれまで行ってきていません。

なんとも、手落ちです。

この腰痛の解説

こんな風に考えることが出来ます。

体を後ろに反らすことが出来ないということは、上肢・また体幹の前面にコリがあり、可動域制限をかけていると考えることが出来ます。

ですからこれまでも、お腹を整体したり、肋骨を整体したり、鎖骨下を整体したり、前腕を整体してきました。

けれども、なんとも手落ちで、この上腕の整体が欠けていたのです。

前屈の動作が後屈の動作の可動域制限を出現させていたとも言いかえることが出来ます。

前屈の動作とは、東洋医学的には「肺経」の経絡の問題です。

私が考案した軸回転の法則では、前腕ー上腕ー体幹の中心部の問題です。

ですから、私流には、

親指ー前腕(長母指屈筋)-上腕(上腕二頭筋)-烏口突起を通ってー体幹前面(腹直筋)-恥骨結合

までのルートを想定できます。

ですからこの上腕二頭筋のコリが体幹を前屈位のクセをつけてしまい、体幹を反らす動きに可動域制限をかけていた、

と、考えることが出来ます。

さあ、来週のこの方の整体が楽しみです。