2~3週間ほど腰が痛い

ここ2~3週間ほど腰が痛かったわけです。

私事ですけれど。

ちょうど、右の臀部です。

動くと痛いし、なんとなく違和感が常につきまといます。

お仕事が整体屋さんですから、自分の腰の痛みは自分で治せなくてはいけません。

そうは、思っても、腰が痛くなる原因に心当たりがありません。

激しい運動をしたわけでも、力仕事をしたわけでもありません。

なぜだろう?と考え続けておりました。

腰痛といえば、その原因のほとんどは、下肢・ふくらはぎですから、自分でふくらはぎを整体してみても、一向に良くなる気配もありません。

どうも、ふくらはぎが原因ではないようです。

おかしいな?

と日常生活を振り返ってみました。

なるほど、そうかもしれない、と思い当たったのが、「椅子」です。

私は、朝起きて日課をすませると、椅子に座りながら、本を読むのを楽しみにしています。

また、この椅子に座りながら、食事もするわけです。

いわゆるダイニング・キッチンでつかっている椅子です。

この椅子が座ると、わずかですがお尻が後ろに後傾するような、深く座るような構造になっています。

椅子の前が高くなっていて、後ろが下がっています。

わかってはいたのですが、気にしないで使っておりました。

座る時も、骨盤を立てるように座りながら、本を読んだり食事をしていました。

そのようにしても、やはり骨盤は後傾していったにちがいありません。

椅子を変えてみました。

前も後ろも座る面は平面です。

椅子を変えて二日もすると、あ~ら、腰の違和感が大分軽減していることが実感できました。

なるほど、椅子のせいで骨盤が後傾してしまったようです。

椅子に座って本よ読んでいて、立ち上がると、腰が曲がって、それこそ「へっぴり腰」になって痛かったのですが、そのようなことがなくなりました。

たかが椅子、されど椅子です。

このように、座っている姿勢、座っている椅子の角度で、こんなにまで骨盤は影響を受けるということです。

長時間座り心地の良い車を運転したりすると、これはもう腰が痛くなること必至です。

と、いうことがよくわかりました。

後傾している椅子は骨盤までも後傾させ、腰痛を発症させてしまいます。

大変、参考になる腰痛を体験させていただきました。