やはり腰痛の奥は深い

腰痛、肩こりといえば、もうこれは整体屋の専売特許みたいな領域になってきていて、

当院でも腰痛、肩こりを訴えるお客様は、やはり多いわけです。

腰痛については、これまでにも、多くの症例の臨床を積み重ねてきて、それなりのパターンができてきたな、と思っていたわけです。

すると、やはり、そんな私の思い過ごしを「あざ笑う」ように、新たなパターンの腰痛の方がおみえになるわけです。

やはり、この整体屋稼業の奥の深さといえます。

こんな症状です。

腰が痛いということで、立って動いたりすると、腰が痛いといいます。

ここです。

腰椎と仙骨との境目、腰仙関節を横に沿ったラインに痛みがでるようです。

動いたりするだけで、ここがひびくので、いわゆる「ぎっくり腰」の症状に見えます。

立ったままで、動診してみます。

体幹を前に倒したり(前屈)、後ろに反らしたり(後屈)してもらいます。

すると、前屈で腰に痛みがでて、体幹を前に倒していく途中で、痛みが出現することがわかりました。

後ろ反らしは、驚くほど反らすことができます。

もちろん、痛みもでません。

この体幹の前屈・後屈の動診から推察できることは、

この腰痛の原因は「下肢」のトリガーポイントにちがいない、ということです。

もちろん、そのように判断しました。

けれども、その痛みの出る部位が、ちょっと、「変だな?」と気になったわけです。

なぜなら、「下肢」にトリガーポイントがある場合に、腰痛の痛みの出る部位は、写真の部位ではなく、

上部腰椎、十二肋骨から、背骨にかけてのラインにでる場合が多いからです。

「変だな?」と思いながら、さらに確認のために、仰向けになってもらい、膝倒しの動診をしてみます。

この際、立位から仰向けになってもらう動作でさえも、腰に痛みが出て顔をゆがめます。

そして、膝倒しの動診をしてみますと、

左右どちらに倒しても腰に痛みはでません。

念のために、深く、ベッドに両膝がつくほどに深く倒し、さらに、腰のねじり、体幹のねじりを加えてみても、腰に痛みは出ません。

ますます、これは「変です」。

腰が痛いのであれば、このような大きな膝倒しの動作はできないはずです。

そこで、股関節の屈曲、膝をお腹にくっつける動診をしてみます。

やはり、この動作でも腰に痛みは出ません。

下肢にトリガーポイントがあれば、ふくらはぎにコリを触れるはずなのですが、ふくらはぎはふわふわで、圧痛点をみつけることができません。

これは「ますます変」な症状です。

どうやら、原因は下肢ではなさそうです。

上肢を確認します

ベッドに腰かけてもらい、再度、上肢の動診をしていきます。

肩を横から上げる動作・外転に多少窮屈感がでます。

けれども、結帯動作は、ほぼ完璧な可動域を示します。

どうやら、腕のコリも問題はなさそうです。

結帯動作で可動域制限が出現する場合には、必ず、上腕・前腕にコリがあるからです。

首を動かしてみます。

左右のねじり・回旋も、側屈・左右の横たおしも良好です。

すると、

「首を前にたおすと、腰にズキンと痛みが走るんです」と教えてくれます。

なるほど、座っている姿勢も、首が前かがみで、背中も丸まっています。

そうか!首か~!

ということで、首筋を整体します。

すると、立位からの前屈の動作が改善されてきました。

まだ、腰に痛みは出ますが、、、。

首筋の整体を繰り返します。

やはり、立位からの前屈の動作が改善されていきます。

完全にゼロにはなりませんが、、、。

このことから、立位の動診で、

前かがみ・前屈で腰・腰仙関節周辺に痛みがでて、

膝倒しの動診で問題がないのであれば、

「首のこり」を疑ってみなくてはならない、ということに気づかせていただきました。

整体を終えて、いま、やり残したこととしては、

お腹の整体、「按腹」を加えるべきであったな、ということです。

そんなことを学ばせていただいた整体となりました。