親指を痛めてしまいました

不覚にも、自分の右手の親指を痛めてしまいました。

ここに痛みが走ります。

IP関節です。

IP関節とは、親指の末節骨と基節骨をつなぐ関節です。

親指を曲げると、ここの手の指の甲側に痛みが走るわけです。

触れても、圧痛があります。

これは何とかしなくてはなりません。

圧痛点、コリを探していきます

われながら、自分の手は働き者だな~と感心しておりました。

けれども、これまで、壊れることもなく、なんとかやってこれました。

手が壊れてしまったら、これは、もうこのお仕事終わりです。

お客様にも、時々、「手は疲れませんか」、「手は大丈夫ですか」と聞かれることはありましたが、全然大丈夫でした。

ところが、今回、親指にいたみが走ってしまいました。

指先から前腕まで、もうしらみつぶしに圧痛・コリを探っていきます。

そして、触れるたびに動診、親指を曲げてみて、その痛みが軽減するかどうかを確認していきます。

圧痛点・その1

一つ目は、ここです。

親指の中手骨です。

ここには母指対立筋が付着します。

ここを触れると、「痛たたた」と圧痛があります。

ここを整体すると、確かに、指を曲げた時の痛みが軽減してきます。

けれども、まだ、ゼロではありません。

まだまだ、何かがありそうです。

ひとつのコリだけで済む問題ではなさそうです。

圧痛点・その2

前腕を探っていきます。

ここです。

尺側手根伸筋です。

かなり痛いです。

ここをまた整体します。

ますます、親指を曲げても、その痛みは軽減してきます。

この2点で、だいたい60点はクリアできました、いえいえ、80点はいっていると思われます。

ただ、まだ、触れると痛みは残っています。

触れての痛みは、まだ時間の要する問題なのかもしれません。

まずは、なんとかなりそうなので、治療家生命はまだ、なんとか保てそうです。

原因は何だったのだろうか?

今回の親指の痛みの原因は、なんだったのだろうかと反省してみます。

手の使い過ぎ、指の使い過ぎということになるわけですが、

これまでとはちがう手・指の使い方をしてしまったようです。

最近の整体では、骨膜の剥がしばかりではなく、皮膚・筋膜の剥がしを多用しておりました。

この剥がし、コリ・異常がない方の場合は負荷はかからないのですが、

コリ・異常がある場合、皮下脂肪が厚くなっていて、親指と人差し指で握る、つまむ動作にかなりの負荷がかかるわけです。

「これは、ちょっと、まずいな。無理がかかりすぎているな」と思っていたら、

案の定、親指に痛みがでてしまいました。

指がねじれた状態で指を使うと、このような異常をひきおこしてしまうようです。

指に無理をかけない整体を心掛けていかなくてはなりません。

「腱鞘炎・親指が曲がらない」はこちらからです

「腱鞘炎・親指が曲がらない」