小学3年生のそれは可愛らしい女の子です。

20日前から前頭部の頭痛が消えないということです。

待合室でお母様が問診票を書いている間にもお勉強をしています。

「あれ、この頭痛は勉強のし過ぎのせいかな」とアタリをつけます。

小児科、耳鼻科、脳神経外科をまわってきました。

脳に異常はみられなかったということです。

ならば、やはり筋肉のコリです。

私がみつけることができるかどうかです。

問診の段階で

体操クラブにほぼ毎日通っていて、練習していることがわかりました。

さきほどのアタリを修正します。

練習のし過ぎか!

ならば、やはり「ふくらはぎ」です。

「ふくらはび」に触れるだけで、くすぐったいとばかりに、

身をよじって、診療ベットの上でころがります。

「よし!」とばかりに、左右どちらも「ふくらはぎ」に触れながら、

体をよじらせます。

大きく深呼吸を3回。

「頭痛いのどう?まだ痛い?」とききます。

戸惑ったように、首を左右によじってみせます。

「痛くない」といいます。

せっかくですから、上半身にもアプローチします。

得意の「結帯動作」が渋いことが分かりました。

そこで、肩から腕を軽くモミモミ。

やはり「結帯動作」も良くなります。

もう一度深呼吸を3回。

「頭痛いのどう?」

「大丈夫!痛くない」

あとは、お母様に「ふくらはぎ」のメンテナンスと

腕のメンテナンスを教えます。

そうなんだよな~。

頭痛というと、事務仕事や肩こりを連想してしまいがちですが、

運動のし過ぎでも発症するんですよね~!

盛岡せんぼくバランス治療院の本体サイトはこちらからです

盛岡市で整体は、盛岡せんぼくバランス治療院へ

頭痛の専門サイトはこちらからです

頭痛