首を横に倒すと首筋に痛みが走る

首を横に倒すと首筋に痛みが走る方は多いものです。

いろいろな原因があるわけですが、

その一つに肩関節の内旋する筋肉群に何かありそうです。

特に「肩甲下筋」ですね。
肩甲下筋
このガムテープが肩甲下筋です。

いまさらながら気づきました。

内旋する筋肉は

肩甲下筋
三角筋前部
大円筋
広背筋
大胸筋

です。

ついつい「大胸筋」や「三角筋前部」にばかり意識がいってしまいます。

けれどもその残りの筋肉が鍵をにぎっているようです。

この内旋する筋肉が拘縮すると、筋肉が縮まるわけですから、

肩甲骨・肩は前に入ってしまいます。

すると、背中の肩甲骨は浮き上がるわけです。

肩が前に入ってしまいますと、

「肩甲挙筋」がつっぱってしまい、首が横に倒れなくなるのだと思われます。

そんな方には、「脇の下」からアプローチすると、

やはり、予想通り、首が横に倒れます。

この考え方はそのまま、

五十肩、肩こり、首こりに対応できますね~!