きょうのTwitter

お悩みの症状の本当の原因を探究して整体します

盛岡せんぼくバランス治療院の院長・中村守(なかむらまもる)です。

厚生労働大臣認定の「はり師」・「きゅう師」の国家資格を取得した上で、整体院を営んでおります。

あなたがお悩みの体の問題を解決するために、あなたの体の症状の原因をつきとめるために、

これまで学んできた、西洋医学に基づいた解剖学・生理学・運動学、また東洋医学の経絡治療を根拠としてあなたの症状を分析し、

施術においては、西洋医学と東洋医学を総合した手技療法である「操体法」、また「筋膜・骨膜リリース」で、あなたがお悩みの体の問題を解決するよう努めております。

このサイトは、あなたが求めている情報、あなたが現在かかえている体の問題の解決策を提供したいと決意し立ち上げました。

盛岡せんぼくバランス治療院からの6つのお約束

①あなたの体の不調の原因である「コリ」を解消します。

②あなたの体に痛みを出している「コリ」について丁寧に説明します。

③サプリ・健康グッズ・回数券などは売りつけません。

④骨をボキボキ鳴らすような怖い施術はいたしません。

⑤筋膜・骨膜リリースですが、癒し系のマッサージとはちがいます。

➅リピート来院を強要しません。

それでは、安心して当院のサイトを読み進めて下さい。

整形外科や頭痛外来で診断を受けたあなたへ

腰痛・肩こりに慢性的に悩まされていて、このほか、整形外科で、

椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、ぎっくり腰、四十肩・五十肩、変形性膝関節症、腱鞘炎、ばね指、ドケルバン病

と診断され治療を受けてるが、回復が思わしくない、とお悩みの方へ。

頭痛外来で、「筋肉のコリが原因の頭痛ですね」と診断されたが、頭痛が治まらない、とお悩みの方へ。

あなたの痛みの原因、体調不良の原因は筋肉の膜のコリかもしれませんよ!

あなたの痛みの原因は筋肉の膜のコリです

あなたのお悩みの根本原因とその解決策についてお話しするまえに、

人間の体の構造について、大まかな話をさせて下さい。

人間の体は、まず「骨」があります。

「骨」は建物に例えるなら、鉄骨・柱ということになります。

この「骨」を取り巻くように「筋肉」がついています。

「筋肉」は建物に例えるなら、壁と屋根ということになりましょう。

この全体を皮膚がおおっています。

これで、人間の体の外観はできあがりです。

この筋肉に沿って「神経」と「血管」がはりめぐらされています。

あなたがお悩みの腰痛・肩こり・頭痛、またそのほかの症状の対応策を考えてみると、

現代の西洋医学では、「筋肉」の重要性について、あまりにも思いを巡らせていないのではなかろうか、と思えてなりません。

例えば、腰痛を例にとってみましょう。

あなたは腰に痛みを感じて整形外科を受診しました。

整形外科では骨折の可能性を考慮して、レントゲン検査をします。

「骨」に異常が見つからなければ、痛みをおさえるために「痛みどめ」を処方し、炎症を緩和させるために「湿布」を処方し、

腰の痛みを訴えるところに、電気治療をほどこしてくれることでしょう。

あなたの体には、「筋肉」には指一本触れることなく、、、。

けれども痛みを出しているのは、

筋肉をおおっている「筋膜」であり、骨をおおっている「骨膜」であり、さらに付け加えるなら「腱」と「皮膚」なのです!

このことは、生理学の教科書にしっかりと明記されていることです。

もう一度繰り返します。

痛みを出しているのは、「筋膜」・「骨膜」・「腱」・「皮膚」なのです。

いえ、正確にいいますと、この「筋膜」・「骨膜」・「腱」・「皮膚」にfascia(ファシア・コリ)ができると、この「筋膜」・「骨膜」・「腱」・「皮膚」は痛みを発することになります。

*「整形内科」を提唱する医師は、わたしたちが、いわゆるコリと呼んでいるものを、「fascia(ファシア)」という用語で統一しています。線維性結合組織の総称として使います。このサイトではわかりやすいように「コリ・ファシア」と表記します。)

さらに言いかえますと、筋肉を包んでいる膜である「筋膜」、筋肉が骨にくっついている部分である「骨膜」、筋肉が細くまとまってできる「腱」、筋肉全体を包み込む「皮膚」。

ここに「コリ・ファシア」ができると、痛みが生じます。

ですからこれら軟部組織である「筋肉」の「膜」の「コリ・ファシア」にアプローチしないことには、「あなたの痛みが消えてなくなることはない」と考えます。

この筋肉の「膜」の「コリ・ファシア」に的確にアプローチすることがなかったことが、あなたの体のお悩みが解決されなかった原因の一つだといえます。

盛岡せんぼくバランス治療院は、生理学の教科書の基本どおり、痛みを出している「筋肉」に的確にアプローチして「筋肉」の「膜」の「コリ・ファシア」を整え、あなたの体を快適な状態へと導きます。

筋膜性疼痛症候群について

腰痛や肩こりを訴えて、整形外科に行ってレントゲンを撮ってもらったり、CTやMRIを撮ってもらっても、何の問題もみつからないことがある、といわれています。

このような場合、整形外科では湿布と痛みどめの処方をするのが通例です。

けれども、近年、この痛みの原因が、

「筋膜性疼痛症候群(きんまくせいとうつうしょうこうぐん)」
(:Myofascial Pain Syndrome : MPS)

によるものだ、という研究成果が発表されています。

(「THE整形内科」編者・白石吉彦・白石裕子・皆川洋至・小林只/南山堂/2016年6月1日)

従来の西洋医学では、腰痛の原因の約80%が原因不明とされている。一方で筋膜性疼痛症候群が、プライマリ・ケア(*注)の現場でもペインセンターでも疼痛の原因の1位であるという報告もある。

(*)プライマリ・ケアとは、「身近にあって、何でも相談にのってくれる総合的な医療」のことです。(プライマリ・ケア連合学会参照)

このように疼痛、痛みの原因がいわゆる神経痛などではなく、筋膜性疼痛症候群によるものだという報告がなされていることを教えてくれています。その名前の通り筋膜にできた「コリ・ファシア」が原因で痛みを出しているケースが実は一番多いということです。

これまでの西洋医学の歴史では、筋などの軟部組織(*注)によるさまざまな症状を軽視してきた。そのため、X線・CT・MRIなどの画像診断で構造異常がみられない場合は、多くの臨床医は痛みの原因を”心のせい”としてきた。そして、大半の患者は「命にかかわる病気でないなら、、、」と諦めていた。

*軟部組織:アメリカ国立癌研究所の軟部組織の定義は、「皮膚、脂肪組織、筋膜、腱、靭帯などの骨組織を除く結合組織と、血管、筋線維、末梢神経組織の総称である」とされている。

X線・CT・MRIなどの画像診断で異常がみられない場合、腰痛・肩こりをはじめとする運動器疾患では、ここに記されているように、その疼痛・痛みを「心のせい」にしたり、「湿布と痛みどめ」の治療ですませてきました。けれどもその疼痛・痛みが筋膜をはじめとする軟部組織の「コリ・ファシア」にアプローチすることで軽減・解消する事実が明らかになってきました。

このようなアプローチを進めているのが整形外科医ではなく、運動器疾患を抱えた患者を診ざるを得ない総合診療医(プライマリ・ケア)であったり、運動器疾患を診療しなければならない立場に置かれた非整形外科医の医師たちが「整形内科」を標榜し、実際の医療の現場で大きな成果をあげている事実があります。疼痛・痛みの治療対象をこれまで軽視されてきた軟部組織である筋膜の「コリ・ファシア」に着目して治療を進めています。

盛岡せんぼくバランス治療院は、「整形内科」が筋膜の「コリ・ファシア」に着目して治療を進めている、この立場を支持し「はり師・きゅう師」の資格ながら、痛みを出している「コリ・ファシア」を手技による施術で解消して、あなたの疼痛・痛みを解決するよう努めております。

ファシアとファシア・リリース治療

このように痛みの原因とされている軟部組織にできる「ファシア」、わたしたちが常日頃いわゆる「コリ」と呼びならわしているものは、医学的にはどのように説明されているのかをみていきましょう。

人が痛みを感じる解剖学的部位のほとんどはfascia(ファシア)である。fasciaは線維性結合組織の総称で、その配列構造と密度から髄膜・胸腹膜や脂肪織・筋膜・靭帯・腱などに分類される。

fasciaは3次元的なものであり、触診上の圧痛点というよりも「圧痛線や圧痛面」としてイメージされている。

痛みを感じる部位は「ファシア・コリ」であり、筋膜・靭帯・腱などの軟部組織にできます。その形は、圧痛点のように「点」ではなく3次元的、つまり横幅も縦幅も厚みもあります。整形内科の医師たちは、ファシア・コリの画像をエコー画像で紹介しています。

整形内科の医師たちは、超音波診療によりファシア・コリを画像で示し、そのファシア・コリに生理食塩水の注射をします。これをファシア・リリース治療と呼んでいます。

この注射は、実施直後より著明な鎮痛効果と結合組織の柔軟性改善効果をもたらす。

この生理食塩水注射による治療は、もちろん、医師だけができる治療です。「はり師・きゅう師」であるわたしができる治療ではありません。わたしにできることは徒手療法と「はり」・「きゅう」治療です。けれども、徒手療法と「はり」・「きゅう」治療でも可能な「筋膜・骨膜リリース」があるはずです。

ファシアの癒着の段階

整形内科の医師は、医師がイメージする「癒着」と徒手療法に取り組んでいる者がイメージする「癒着」にはギャップがあると指摘しています。医師がイメージする「癒着」は強固な線維性構造であり、鉗子などで剥離する強度のものであり、徒手で剥がれるわけがないレベルの癒着です。

fasciaの癒着には段階があるということだ。

fasciaの癒着には段階がある、癒着の強度のちがいから、「ファシア・コリ」の癒着の程度を段階的に分類し提案しています。

癒着の強度のレベル
grade0:他部位(遠隔)の刺激でfasciaの動きが改善できるレベル
grade1:徒手、運動療法で剥離可能なレベル
grade2:鍼(雀啄術、置鍼、electric acupuncture)で剥離可能なレベル
grade3:注射(エコーガイド下筋膜リリース注射)で剥離可能なレベル
grade4:manipulationや鏡視下手術手術が必要なレベル

このように筋膜の癒着の強度により対応できる筋膜リリースの方法はちがうのであり、徒手療法・はり治療でも可能なレベルの筋膜剥がし・筋膜リリースは可能だということです。

けれどもそこには限界があり、盛岡せんぼくバランス治療院は、このgrade2までのレベルまでの「コリ・ファシア」の癒着の剥がし、リリースに最善を尽くします。このレベルをこえた「コリ・ファシア」のリリースには医師を紹介し、医師の手に「コリ・ファシア」のリリースをゆだねるという方針で治療院を運営しております。

筋膜・骨膜リリースの有効性

この「整形内科」の論旨を踏まえて、盛岡せんぼくバランス治療院は、「はり師」であるわたしが、手技で、厚くなったり滑りが悪くなったりしている筋膜・「コリ・ファシア」をリリース・はがしていきます。

「はり師」による手技による筋膜リリース、筋膜はがしは、すべての症状を解消するとはいえませんが、疼痛・痛み、また運動の可動域制限に対しては有効な手技であると、これまでの臨床経験から考えております。

このように筋膜・骨膜にアプローチする、「はり師」である盛岡せんぼくバランス治療院の施術は、筋膜性疼痛症候群について、またその原因である「コリ・ファシア」についての医学的見解からも、あなたがお悩みの体の問題に対して効果を発揮できるものと考えております。

痛みの原因は痛いところにはありません!

「痛み」を出しているのは、「筋膜」・「骨膜」・「腱」・「皮膚」の「コリ・ファシア」であることは、すでに述べさせていただきました。

けれども、人間の体の不思議は、痛みを出している「そこ」が痛みの原因ではないことの方が多い、ということです。

例えば、腰が痛いからといって、腰の「筋膜」が原因な訳ではない、ということです。

腰の痛みの原因が、ふくらはぎや太ももである場合は多いものです。

また椎間板ヘルニアと診断された腰痛の原因が、腕の筋肉のコリであった場合もありました。

肩こりを訴える方の「手のひら」の筋膜・「コリ・ファシア」をリリースしただけで、肩こりが解消した場合もあります。

頭痛も同様です。

一か月間も収まらなかった頭痛が、スポーツの練習に励みすぎてしまい、「ふくらはぎ」がカチカチに固くなっていて、そのふくらはぎの「コリ・ファシア」を筋膜リリースしただけで、頭痛が解消された場合もありました。

クラブ活動で、階段の上り下りと、腹筋のトレーニングが原因で頭痛が出たケースもありました。

そして、スマホのゲームのやりすぎで、「手」・「指」の筋肉が凝ってしまい、親子で頭痛が出たケースもありました。

このような臨床経験をふまえて、つくづくと「痛みの原因は痛いところにはない」と日々、実感しております。

このことは「トリガーポイント治療」ともいわれています。

痛みの原因は痛いところにはない。

痛みとは離れたところに本当の原因のポイントがあり、そのポイントがトリガー(引き金)を引くことで痛みが出るのだ、という考え方です。

筋肉に的確にアプローチするとは、痛みをだしている原因であるこのトリガーポイント(早い話が「コリ・ファシア」のことです)を見つけだし、トリガーポイント・「コリ・ファシア」を解消するということです。

ここまでのお話で、痛みを出しているのは「筋肉」の「膜」の「コリ・ファシア」であること。

けれども痛みを出している「そこ」が原因ではなく、

「そこ」とは別の場所、「そこ」とは別のポジションに本当の原因の「筋肉」のトリガーポイント・「コリ・ファシア」が潜んでいるということ。

その本当の原因であるトリガーポイント・「コリ・ファシア」を見つけだし、そのトリガーポイント・コリを解消することが必要だ、ということをお伝えしてきました。

このような考え方に立った体の手当てをしてこなかったために、

どこの整形外科や頭痛外来、また整骨院や整体院、マッサージ店にいっても、

あなたの体の不調やお悩みは、解決されなかったのだと、わたしは考えます。

トリガーポイントの学術的な根拠

トリガーポイントの考え方は、学術的にも広く知られています。

また先程説明した、筋膜性疼痛症候群とも関係していることがわかります。

明治国際医療大学のサイト明治国際医療大学では、筋膜性疼痛症候群とトリガーポイントを関連づけて紹介しています。

筋・筋膜疼痛症候群(MPS)は2-3個の筋肉に限局した慢性的な筋痛で、線維筋痛症と同様に血液検査やX線所見に異常がないことが特徴です。

MPSの原因はトリガーポイントと考えられており、トリガーポイントの証明こそがこの症候群の診断基準にもなります。

「MPSの原因はトリガーポイントと考えられている」と明記しております。

MPSに含まれると考えられる疾患は意外に多く、慢性的な肩こりや腰痛、顎関節症や緊張型頭痛などのもこの症候群に含まれると考えられます。

ここにもしっかりと、筋膜が原因で慢性的な肩こりや腰痛、顎関節症や緊張型頭痛を発症することが記されています。

トリガーポイントが存在する部位と痛みや凝りを感じている部位が一致しているときは比較的簡単に治療ができるのですが、筋肉によっては自分が痛いと自覚している部位とは全く関係ないような遠隔部にトリガーポイントが存在していることもあり、専門的な知識がないと治療は困難です。

痛みを発している部位と痛みの原因の部位とが一致しない場合、本当の原因が遠く離れた遠隔部にあることがある場合を認めています。

以上のように、盛岡せんぼくバランス治療院の施術が、筋膜・骨膜の「コリ・ファシア」にアプローチする理由と

痛みの本当の原因は、痛いところにはない、という考え方の根拠を示すことができたと思います。

ここまで読んでいただいて、「な~るほど」と、わたしがお伝えしたいことに納得していただけたなら、

盛岡せんぼくバランス治療院に一度ご来院ください。

ほかの整体院・整骨院とのちがい

盛岡せんぼくバランス治療院は、筋膜・骨膜・腱・皮膚に的確にアプローチする整体です。

見た感じ、受けた感じでは、普通の「もみほぐし」とのちがいが、わかりにくいかもしれません。

けれども、一度、整体を受けていただくと、施術を受けたあとの効果が、普通の「もみほぐし」とは明らかにちがうことを実感されるはずです。

的確に筋膜・骨膜に触れ、「コリ・ファシア」をリリースする「筋膜・骨膜リリース」を味わってみて下さい。

盛岡せんぼくバランス治療院が、ほかの整体院や整骨院と一味も二味もちがう5点を紹介させていただきます。

①もみかえしのこないもみ方です

お客様にしばしば驚かれるのですが、

「しっかりもんでもらったのに、もみかえしがこなかった」と喜ばれております。

「もみかえし」がこないことには、それなりの理由があります。

それは、しっかり的確に筋膜・骨膜にアプローチしているからです。

ほかの整体院や整骨院、マッサージ店では、ただ単に「筋肉の線維」をもんでいるだけです。

「強(つよ)もみ」と称して、力任せに「筋肉線維」をもんでしまい、「筋肉線維」を損傷、壊してしまい、炎症を起こしてしまうのです。

これが、いわゆる「もみかえし」です。

盛岡せんぼくバランス治療院は、

筋膜には筋膜に合ったもみ方。

骨膜には骨膜に合ったもみ方。

腱には腱に合ったもみ方。

皮膚には皮膚に合ったもみ方。

このように、もみほぐしひとつとってみても、使い分けてもみほぐしていきます。

「痛(いた)気持ちよさ」、「痛快(つうかい)」なもみほぐしを味わってみてください。

②骨をバキバキならしません

整体というと、カイロプラクティックをイメージして、腰の骨や骨盤の骨をバキバキ鳴らされて、「怖い」と思う方もいらしゃることでしょう。

盛岡せんぼくバランス治療院の整体は、「筋膜・骨膜リリース」がメインですから、ご安心して整体を受けてください。

骨をバキバキ鳴らしたりしなくても、骨格の調整は可能です。

また骨盤調整も、もちろん可能です。

盛岡せんぼくバランス治療院は、「筋膜・骨膜リリース」がメインですが、必要に応じて、骨格の調整や骨盤調整もいたします。

しかも痛みの伴わない「無痛」で!

そもそも背骨が歪んだり、骨盤が歪んだりする原因を考えますと、骨格を歪ませるのは、筋肉の「張力」によるものです。

筋肉のコリ・ハリをしっかり整えることなく、骨格の並びばかりをバキバキやって治してみても、

筋肉の張力は改善されていないのですから、またすぐに戻ってしまうと考えるのが道理というものでしょう。

盛岡せんぼくバランス治療院は、①で記したように、筋膜・骨膜・腱・皮膚のコリをもみほぐし、体のバランスを整えていきます。

③手に負えない症状はそのことを正直に伝えます

盛岡せんぼくバランス治療院は、残念ながら、どこの治療院でも治せなかった症状を瞬時に治して見せるような、「神の手」を持つ治療院ではありません。

これまでの臨床経験を踏まえ、盛岡せんぼくバランス治療院の「できること」と「できないこと」の線引きが、ますます明確になってきました。

聞こえてきた話では、

その症状を改善させることができないにもかかわらず、

「続ければ、きっとよくなりますよ」と、ご来院を進める整体院もあるように聞いております。

盛岡せんぼくバランス治療院は「手に負えない症状」のお客様には、

「わたしでは対応できません」

と正直に伝え、対応できる病院その他を紹介いたしております。

お客様には、いつも正直に接していきたい、と心がけております。

④問診ではあなたの話をしっかり聞かせてもらいます

盛岡せんぼくバランス治療院は、初めてご来院いただいた時には、「特に」あなたの話をよく聞くように心がけております。

なぜなら、あなたのお悩みの症状の原因のほとんどは、

あなたの日常生活の習慣、クセ。

ないしは、仕事の作業の時の姿勢にその原因が隠されているからです。

同じ姿勢を続けると、いつも同じ筋肉が作動することになり、筋肉疲労から筋膜・骨膜にコリができることになります。

また、あなたの不調の原因は、姿勢の問題だけではなく、食事の問題かもしれません。

このような点についても盛岡せんぼくバランス治療院はアドバイスしていきます。

⑤セルフケアの仕方も教えます

盛岡せんぼくバランス治療院は、セルフケアの仕方も教えております。

あなたがお悩みの症状は、わたしが治してあげるのではありません。

「あなた」と「わたし」の共同作業によるものです。

自宅でできるケアや仕事の合間にできるケア、家事の合間にできるケアもあります。

あなたがお悩みの症状を改善させることができるポイントがみつかれば、そのポイントの「もみほぐし」の仕方を教えます。

また体を動かしながら、全身のバランスを整える軽い体操も教えております。

慢性症状になればなるほど、セルフケアが大切になっていきます。

セルフケアを覚えてもらい、一生涯、体が壊れることなく過ごせたなら、それにまさる喜びはありません。

お客様からの喜びの声は信頼の証です

まさに天国のような空間

首のヘルニアが悪化して


内海咲子様 ピアノ教室主宰 盛岡市羽場

(このお客様の声は、すべての方に該当するものではありません。)

中村さんの治療院は、今では私の心のオアシスとでも申しましょうか、まさに天国の様な空間です。

掃除のいきとどいたきれいな空間に、クラッシック音楽が流れる中で、ふかふかのソファーに座って順番を待っていると、それだけで気持ちが楽になり、そのまま眠ってしまいそうになります。

中村さんは鍼灸師ですけれど、操体法という技を習得なさっていて、よほどのことが無い限り鍼は打たず、体が自然に治癒するためのお手伝いをして下さる方なので、他に類を見ない特別の治療院なのです。

痛いことや、つらいことは一切せず、気持ち良いと感じる方へ体をもっていくだけで、腰痛も頭痛も、首や肩の痛みもすっかり治して下さるのです。

私は3年前、首のヘルニアが悪化し、右の肩と肩甲骨にひどい痛みが走り、苦しんでいました。

病院はもちろん、良いと思うことは色々試していて、それでもなかなか治らず、精神的にも参っていました。

一日に数回、激痛が走り、苦しくてのたうち回っていました。

そんな時、中村さんが声をかけて下さったのです。

中村さんが鍼灸師の資格をお持ちだというので、わずかな希望を持って行ってみることにしたのですが、意外なことに鍼を打つのではなく、操体法という運動(?)で治そうということでした。

操体法という言葉をそれまで聞いたことがありませんでしたが、中村さんのお人柄とお話の内容が信頼できたので、信じて通ってみることにしたのです。

その結果、一ヶ月後には私の体は見事に全快したのです。

本当に驚きでした。

この時は重症でしたのでひと月かかりましたが、たいていの場合は1度か2度の施術で治ってしまいます。

今では、腰痛、頭痛のみならず、胃痛や腹痛でも痛みを感じたらすぐ中村さんの所へ行って治して頂いています。

あんなに飲んでいた薬もいまでは全く飲まなくなり、以前より健康になった気がします きれいな空気と美しい音楽の中で、中村さんの神技の様な手で体が健康になって行くのが実感できるので、私のほかにも体の不調でお悩みの方々に、是非一度行ってほしい、私のお薦めの治療院です。

「なんだこれ~」という整体です

体験談「パンパンに張った太ももが、、、」


遠藤義彦様 会社員 矢巾町

(このお客様の声は、すべての方に該当するものではありません。)

シーズンがはじまると、もう毎週のようにサッカーの大会がつづきます。

もちろん太ももはもうパンパンでしゃがむこともできないほどになります。

治療院にうかがいながらそんな話をしていますと、中村さんのほうから、「ああ、いいよ、みてあげるよ」というお言葉。早速、施術してもらうことにしました。

これまた不思議な技術で、太ももに軽く触れながら、「ちょっと試しに膝を軽く伸ばしたり、曲げたりしてみてごらん」といわれ、言葉のままに、そのとおりやってみました。

「さあ、いいよ、試しに、しゃがんでみてごらん」。

わけがわからないまま、しゃがんでみました。

「しゃがめる!痛くね~!」。

パンパンに張っていた太ももの痛みもありません。

「なんだこれ~!」という感じの整体です。

「ほんとうにありがとうございました」

股関節痛とかかとの痛み

矢巾町土橋 谷村詔子様

(このお客様の声は、すべての方に該当するものではありません。)

70才の声を聞いたとたんに

足が痛い

股関節が痛い

かかとが痛い、、、

痛くてなかなか一歩が踏み出せない。

私の姿を見て

「太り過ぎ、、、少し歩かないとだめなんだ」

このまま歩けなくなってしまうのでしょうか、、、

心配で夜もなかなか寝むれない、、、。

足だけじゃなく気持ちまで落ち込んで暗くなってしまう。

そんな時シドニーにいる娘から電話があり

「お母さん元気?足どうなの?」

私が足が痛くて歩けない話をすると心配して

「インターネットで調べてあげたから仙北町のバランス治療院にいってみて。

お母さんの足は先生がきっと治してくれると思うから。

電話してすぐ行ってみてね」といってくれました。

私がいくじ無しでこわがりな事を知っている娘は

「優しそうな先生だから大丈夫だよ」といってくれます。

いよいよ名前を呼ばれて先生の前に行き、お話をして、

先生は笑顔、こわくない。

治療をしていただきおそるおそる歩いてみたら

「うそ!」

痛くない!涙が出るほど嬉しかった。

先生の手、魔法の手、ありがとうございます。

夜も足の痛みもなく眠れるようになりました。

娘のおかげで先生にお会いすることができました。

「先生、ほんとうにありがとうございました」。

私がせんぼくバランス治療院に好感を持った理由

患者の心に寄り添って

盛岡市・長根可奈様

(このお客様の声は、すべての方に該当するものではありません。)

(1)問診・触診をしっかり行ってくれること

今までいった病院は、問診や触診をあまりせず、すぐ決まりきった治療(電気をかける)を行い、塗り薬と飲み薬を出して終わりというところばかりでした。

しかし、ここ「せんぼくバランス治療院」は私の痛みを苦しみをしっかり聞いて、受け止め、整体にはいりました。

(2)痛みがなくリラックスしながらできる整体

痛みがない方の首や肩、腕を回したり、上げたり、下げたりしながらリラックスして行う整体。

今までの痛みや苦しさが嘘のように消えていくのが分かりました。

絶対に無理はしません。

(3)痛いところを聞いて患者の心に寄り添う中村先生

なんといっても、患者の心に寄り添って整体する中村先生の人柄が私の心を癒してくれました。

一人一人痛いところや苦しいところは違います。

きちんと話を聞いて丁寧に施術してくださいました。

痛みを理解してくださいました。

とても嬉しく、安心感がありました。

この治療院に来るまで3カ所の病院に行きましたが、私の心と体の痛みを和らげてくれたのは「せんぼくバランス治療院」だけです。

出会えてとてもよかったです。

もっと早く来ればよかったです

3年前からのドケルバン病・腱鞘炎

日常生活での動作が非常に楽になりました。
盛岡市・落合千春様

○他の医療機関や整体院と比べてみてどうでしたか?
薬などを使用することもなく体に安心です。

○院長の整体についての説明はわかりやすかったですか?
分かりやすく説明して下さり、自分でも痛みをとる方法を教えて下さったりしました。

○ひとことメッセージ・整体の感想をお願いします。
もっと早く来れば良かったです。

来るだけでいやされます

交通事故の後遺症からくる全身の不調

盛岡市・前川幸子様


○せんぼくバランス治療院に来院される前には、どのような不安や期待がありましたか?
このまま、歩けなくなるのでは、と心配でした。でも、治るにちがいないという期待が出るようになりました。

○整体前と整体後を比べて、カラダの具合はどうですか?
ぜんぜん変わって、ウソのようです。

○他の医療機関や整体院と比べてみてどうでしたか?
大学病院にいってもぜんぜん良くなりませんでした。

○院長の整体についての説明はわかりやすかったですか?
とてもわかりやすかったです。

○ひとことメッセージ・整体の感想をお願いします。
来るだけでいやされます。

頭痛の痛みがなくなり感激しました

頭痛

盛岡市・高校生

○整体前と整体後を比べて、カラダの具合はどうですか?
頭痛が無くなり、楽になった。

○他の医療機関や整体院と比べてみてどうでしたか?
脳神経頭痛クリニックへ通っても投薬だけで改善がみられなかったので、こちらで痛みがなくなり感激しました。

○ひとことメッセージ・整体の感想をお願いします。
正直、半信半疑でしたが、すぐに痛みがなくなりおどろいています。

  • 院長が坐骨神経痛を自力で克服した体験記!


    12月の年の瀬も迫ったある寒い夜

    自分の人生が大きく変わる瞬間、

    生涯忘れられない日がだれにでもあるものです。

    あの日のことは忘れません。

    それは、坐骨神経痛の激痛は、突然襲ってきました。

    もう10年以上も前のこと、12月の年の瀬も迫ったある寒い夜のことです。

    眠っていると、突然、おしりから右足の先までが強烈な激痛とともにつってしまい、ピクリとも動かなくなってしまいました。

    はじめは、よくある、だれもが経験したことのある「こむらがえり」かな?と思ったものです。

    その「こむらがえり」が、ふくらはぎからはじまり、太もも、そしてお尻までしめあげはじめたのです。

    「ア、ア、ア、ア」と叫んでいる間に、「こむらがえり」で足先からお尻までがガチガチに固くなり、しめあげられ、動かなくなりました。

    その痛みといったら、なんと言ったらいいのでしょう。

    お尻から右の足先までの「こむらがえり」です。

    「こむらがえり」だけでもあの痛さです。

    お尻からですから、それは、もう、、、なんとなく想像できますでしょう?

    物凄く「痛い」んです。

    これが、坐骨神経痛の激痛だと知ったのは、ずいぶん後になってからのことです。

    その痛いことといったらありません。

    まさに声も出ないとはこのことです。

    痛みで一睡もできないまま、夜が明けるのをじっと待ち続けました。

    その夜の長いことといったら、、。

    「この痛みはなんなんだ?この痛みはいつまでつづくのだろう?」。

    不安がつぎからつぎへと脳裏をよぎっていきました。

    「朝になればどうにかなる。いつもの治療院にまずは、いってみよう」。

    そう自分にいいきかせながら、じっと夜が明けるのを待ちました。

    治療院通いのはじまり

    その年の春から、なんとなく変な感じに気づいてはいました。

    歩いていると、「つまづいて」しまうのです。

    なんとなく、足先にもシビレを感じます。

    「おいおい、オレはこんな年で”あたって”しまうのかよ」なんて思いながら、何かが変だと感じていました。

    時間がたつにつれて腰も変に痛いのです。

    これまでの「ぎっくり腰」でしたら、腰の上の部分の痛みだったのですが、今回は骨盤の中といいますか、骨盤のつなぎ目に違和感があります。

    「ぎっくり腰」のたびに、たまにいっていた整体院に何度かいってバキバキ・カイロをやってもらっても、骨盤のなかの違和感はきえません。

    とうとう不安にかられ、脳神経外科にいき、MRIの検査をうけました。

    診断結果は「腰椎が軽いヘルニアになっている。坐骨神経痛だな」とのこと。

    「どうすればいいんですか?」という私の問いには、

    「運動などをして、体をきたえるのが大事だな」と言う答えでした。

    「ええ~そんな!こちとらなんとか治してほしいんだよな~」。

    そんな気持ちでした。

    いつもの治療院で

    それからです。

    「良い」という評判をききつけては治療院まわりをはじめたのは、、、。

    毎日、保険適応の整骨院に通い治療費を安く上げ、

    週末は「鍼」治療。

    そんな日々をおくっていたにもかかわらず、その日は突然やってきました。

    その悔しさといったらね~。

    「オレは毎日、整骨院の電気治療もはり治療にも通っていたんだぞ!

    それなのに、なぜ、壊れてしまうんだ!なぜだ!」という悔しさです。

    なんとかたどりついたいつもの治療院では、なす術もなく、いつもと同じ施術をうけ、

    「これだけ、ひどくなると整形外科にいって痛み止めの処方をうけるのも仕方がないことです」

    と整形外科の受診をすすめられました。

    こころ細くなり先生に「これは治るんでしょうか?」とたずねました。

    先生は「うちの施術で良くなる人もいるし、良くならない人もいる」。

    なんとも残酷なお言葉でしたね。

    「お手上げだ」、ということです。

    そんな言葉に見送られMRIをとった脳神経外科へ。

    右足が痛くて動きません。

    診察室にはいるのも壁づたいです。

    看護婦さんがそんな私の哀れな姿をみて、同僚の看護婦さんに小さい声で聞いています。

    「あの人どうしたの?」

    「坐骨みたいよ、、、」

    激痛がはしっているお尻に痛み止めを打ってもらい、座薬の処方をうけ、

    「様態がおちついたら、年明けにまた検査してみましょう」

    「ええ!落ち着いたらまた検査?」

    正月明けまで、まだ10日もある。

    「検査の結果がわかるまでの間、何もせずにこの痛みにたえなさいということなの?

    「いまのこの動くこともできない激痛をどうにかしてくれないの!」とつぶやいていました。

    動かない足をひきずり、消えない坐骨神経痛の激痛にたえながら、家に帰りふとんに身を横たえるのでした。

    6時間は痛みを消すのに有効だと説明された座薬は、4時間もすれば、もう効果はなくなります。

    痛みが出るので、また座薬。

    痛くて眠れやしないのに、座薬をたよりにひたすらカラダを横たえ、ただただじっと回復を待つばかりでした。

    こんなに痛くて苦しんでいるのに、だれも助けてはくれないというこの現実。なんとも心ぼそかったな~。

    腰痛難民・整体貧乏誕生!

    そのころの症状は、それは悲惨なものでした。

    前屈、手を床につける動作はほぼ不可能。

    膝までしかとどかない、棒立ち状態。

    ふとんに寝れば、お尻の骨が体重で圧迫されて、その痛さのため、横になってねることしかできません。

    右足は冷え切って、感覚はまったくなく、ズボン下の上には太ももから、ふくらはぎまで、ホッカイロをはりまくり、それでも、寒くてしかたがありません。

    西洋医学的に説明すれば、こうなります。

    腰椎のヘルニアが原因となっている、坐骨神経痛。

    この激痛は坐骨神経痛のなかでも梨状筋症候群といわれるものだ。

    その年はまた、運のわるいことに記録的に寒い冬で、確か盛岡では40日も真冬日を記録した年でした。

    治療院の数はまたさらにふえて、「今日はこちらの治療院、明日は、あちらの整体」、一日の治療院のハシゴなんて、ザラでしたね。

    もう、治したい一心で、あちこちの治療院に通いました。

    「この預金通帳を解約して、そのお金で治療院に通えば、いくらなんでも治っているだろう」。

    なんて思いながら、治療院通いをつづけました。

    けれども、それだけのお金をつぎこんで治療院にかよっても、症状が好転するキザシはまったくみえてこないのでした。

    なくのるのはお金ばかり。

    「整体貧乏!」。

    まさに、そのとおり。

    有り金すべてを、自分の腰痛治療、治療院通いにつぎこみました。

    ホント、悲惨でしたね!

    近所のオジサン登場!

    そんなある日のことです。

    その頃うちの父親も腰痛に苦しんでいました。

    それを伝えきいた、近所のオジサンが一冊の本を手にしてやってきました。

    「オレはこの本で腰痛をなおしたんだ~」と、うちの父親に教えにきてくれました。

    その本は骨盤にゴムバンドを巻いて、骨盤をまわすと、腰痛は治るという内容です。

    その効果はさておいて、その時、何かがリセットされたにちがいありません。

    つまり、ひとつの気づきです。

    「そうか!腰痛は治してもらうものではない。自分で治すことができるものなんだ!」ということです。

    それからというもの、本屋さんに通い「腰痛」と書かれた本を、それこそ、手当たり次第に買い求めては、試してみる、という生活をはじめました。

    「ずいぶん、本も買ったな~」。

    ひとりで操体法

    とうとう出会いました。

    たくさんの腰痛の本を試してみましたが、どれもあまり、良い成果をだせません。

    小崎順子著・「ひとりで操体法」。

    その「ひとりで」という言葉にひかれました。

    もうどこの治療院もあてにならない。

    なんとか独力でこの腰痛を治したい、と決意していました。

    その「ひとりで操体法」の内容は簡単です。

    足を伸ばしたり、膝を左右に倒すだけという整体です。

    「おいおい、こんな簡単なことで腰痛が治るなら、それこそ、医者などいらないぜ!」、というのが最初の感想です。

    けれども、この本のとおりの動作を行った次の日、朝おきてみると、痛みもシビレも軽減しているのです。

    「おいおい、ホントかよ!」。

    そんな、半信半疑のまま、この本にかいてるとおりの軽い運動、操体法を続けました。

    一日に何度も、何度も。繰り返し、繰り返し、、。

    もう治療院通いはやめていました。

    けれども、なんと、3週間もした、ある日のこと、

    一年半も苦しんでいた腰痛が消えているではありませんか!

    前かがみ・前屈もできる!

    「なんなんだ、これは!オレはとてつもない治療法に出会ったのかもしれない」。

    その喜びといったらありません。

    この操体法という治療法をみなさんにお伝えすること、これが私のライフワークかもしれない、そんな予感が芽生えてきた瞬間です。

    そして、私は、街のお酒屋さんを営みながら

    はり・きゅうの専門学校に通い始め、

    治療家の道を歩み出したわけです。

    私があなたにお伝えしたいこと

    ですから、私はあなたにお伝えしたいのです。

    「あなたの腰痛はきっと治る」ということを。

    「私はあなたの腰痛を治すお手伝いができるにちがいない」ということを。

    そんなことをお伝えする治療院を目ざしております。

    ご来院前のお客様から寄せられる質問です

    施術は痛くありませんか?

    カイロプラクティックの背骨の矯正や骨盤矯正のように骨をボキボキ鳴らす施術はいたしません。

    また、動きの検査のなかで、どこまで動かせば「痛み」が出るかを確認はしますが、痛みが出たポイントから、さらに動かして痛みを誘発するようなことはいたしません。

    「もみほぐし」が施術の中心になります。

    本当の原因となっている「コリ」は、触れられるだけで、「痛い」ものです。

    けれども、「痛さ」の「質」がちがいます。

    「嫌な」痛みではなく、「痛気持ちいい」痛みを感じるはずです。

    ご安心ください。

    予約しないと施術は受けれませんか?

    「予約優先制」となっております。

    「予約なし」でご来院いただいても、施術中のため、施術をお断りすることもございます。

    お客様をお待たせしないためにも、電話でご予約の上、ご来院ください。

    服装はどんな格好で行けばいいですか?

    女性の方はスカートでのご来院はご遠慮ください。

    あとは、動きやすい服装であれば、施術に支障はありません。

    念のために、施術用の着替えも用意しております。

    何回通えば治りますか?

    残念ながら、実際に施術をしてみなければ、お答えできかねます。

    「ぎっくり腰」のような急性痛なら、上手くいけば1回。

    長引いても一週間あれば良くなると思われます。

    「腱鞘炎」のような慢性性のものは、1か月~3か月は必要かと思われます。

    受付から施術が終わるまでのプロセスです

    ここまでの盛岡せんぼくバランス治療院のお伝えしたいことを、もう一度まとめてみます。

    これまで、どこの治療院や整体に通っても、あなたの体の不調が改善しなかったのは、

    あなたの体の不調の根本原因にアプローチしてこなかったからではなかろうか、ということを指摘しました。

    その根本原因とは、筋膜や骨膜のコリがひきおこしている痛みである可能性があること。

    盛岡せんぼくバランス治療院は、この根本原因となる筋膜や骨膜のコリにアプローチする整体院です。

    また院長が「坐骨神経痛」を長年にわたり患い、自力で克服した経験をもっていることから、あなたの痛みを理解できるということです。

    ですから、あなたの体の悩みを解決するお手伝いができるかもしれませんよ。

    ここまでの説明に納得していただいた上で、盛岡せんぼくバランス治療院にご来院ください。

    「ようこそ盛岡せんぼくバランス治療院へ」。

    それでは、受付から、施術が終わるまでのプロセスを下のチャートでご紹介します。

    盛岡せんぼくバランス治療院からのごあいさつ

     

    ここまで、わたしのサイトを読んでいてだき、ありがとうございます。

    盛岡せんぼくバランス治療院は、あなたがこれまで通っていた整体院や整骨院とは体へのアプローチの仕方が違うことをご理解いただけたかと思います。

    あなたの体に不調を引き起こしている本当の原因を探求して整体します。

    そうは申しましても、実は、あなたの体を治すのは、あなたの体の治癒力のほかありません。

    わたしができることは、「痛気持ちいい」筋膜・骨膜リリースを施すことで、あなたの体のコリを解消してあげて、あなたの体の治癒力が十分に発揮されるよう、土台作りをしてあげることです。

    あなたの健康づくりのお手伝いをすることです。

    わたしといっしょに、あなたの健康づくりに取り組んでいきましょう!

    ありがとうございました!