四十肩・五十肩なら盛岡せんぼくバランス治療院へ

(右肩が痛くて上がらなかったのですが、骨盤矯正でほら、このように、ずいぶん上がりがよくなりました)

四十肩・五十肩について次の項目をチェックしてみて下さい。

  • 四十肩・>五十肩のために、腕を動かすことが、痛くてできない。
  • 四十肩・五十肩になり、前にも、横にも、後ろにも動かすだけで痛みが走る。
  • 現在通っている整骨院や治療院で、四十肩・五十肩の症状の原因について、また四十肩・五十肩の治療法について、納得できる説明を受けましたか?
  • これまでの四十肩・五十肩の治療の成果十分満足していますか?
  • 日常生活で自分ひとりでもできる五十肩のセルフケアの仕方についてのアドバイスを受けましたか?
  • この項目にひとつでもチェックが入ったあなたへ。せんぼくバランス治療院はあなたの四十肩・五十肩に挑みます。

(一番やっかいな結帯動作、腕を後ろに回す動作へのアプローチです)

四十肩・五十肩へのアプローチ

盛岡市の整体院・盛岡せんぼくバランス治療院の五十肩の整体のアプローチを紹介します。

操体法の創案者・橋本敬三先生の著書・「操体法写真解説集」の五十肩についてのページから、そのまま引用させていただきます。

四十肩・五十肩の症状も決して突発的に起きたのではない。(本人が勝手にそう思っているだけである)

当初は、脚・腰(脇腹)・背中に発生した異常感覚の警告信号がジワジワと増加した結果である。

肩治療に携わる99%の人達は、苦痛の発生部位と運動制限に目をうばわれ、そこだけに対症的手段を施すが、それでは片手落ちである。

他部位に発生した歪みが連続的に肩関節の運動を制限し、痛覚が発生するという原理を無視した処置法などは、我がままな子供にチョコレートを預け気げんとりおしているに等しい。

なんとも手厳しい言葉です。肩だけにとらわれずに全身の歪みからアプローチしていきなさい。五十肩は全身の歪みの結果ですよ、という警告です。

この言葉を肝に銘じながら、五十肩の整体にあたっていきます。

ですから、五十肩の症状でご来院いただいたお客さまであっても、やはり、下肢・脚からの整体をしていきます。

(肩を横から上げる動作には、トリガーポイント。結帯動作・腕を後ろに回す動作にたいして、動きを使った整体・操法からのアプローチです)
「五十肩なら、ここだ!」と思ったなら、今すぐお電話!
「ホームページを見ました」とお電話下さい
(019)681-3571 予約優先。当日予約も受付けています!

五十肩の原因とは何か?

五十肩の原因はひとことでいいますと、

「生活習慣病だ!」ということです。

な~んだそんなのわかってますよ!と思うかもしれませんね。

そして五十肩を発症なさった方は、みなさん、「猫背」になっています。

そうです。

この「猫背」を解消するアプローチをしますと、五十肩は治っていきます。

「猫背」の原因として考えられることは、仕事でパソコンに長時間向き合っていませんか?

その時の姿勢は「猫背」になっていませんか?

それが、五十肩の原因です。

ですから、いくら整形外科に通い、肩に痛みどめを打ってもらっても、五十肩の痛みは引かないのです。

五十肩の原因は肩ではないのですから。

五十肩の肩の痛みは結果、「猫背」の結果でしかないのです。

ホントかな~と五十肩について疑問を抱いたなら、

姿見で自分の姿勢を確認してみてくださいね。

きっと、「なるほどね~」とご納得いただけるはずですよ!

五十肩にはこんな原因もあります。

五十肩の原因のもうひとつは!

寝ている時の姿勢です。

寝ている時に下にしている肩が痛むようになります。

このことは、安保徹先生がその本の中で五十肩について指摘しています。

例えばこういうことです。

寝ている時に右側を下にして寝ているとします。

すると、眠っている7~8時間のうちのかなり長い時間、右側の肩が圧迫されることになります。

これが血液の循環を妨げ、肩の周囲の血行不良をひきおこし、肩周辺の組織に変調をきたすことになります。

ですから、セルフケアの第一は眠るときは仰向けで天井をみながら眠るようにすることです。

これだけでもジワジワと五十肩は回復していきます。

また、右側を下にして寝てみますと、肩周囲の筋肉が圧迫されると同時に引き伸ばされることに気づきます。

たとえば、棘下筋や肩甲下筋の腕への付着部位、上腕の後部がひっぱられます。

つまり、筋肉が伸びてしまい、その筋肉がくっついている部位がひきはがされるように、痛みが出てくるということです。

五十肩も筋痛症といえます

その五十肩は、きっと筋痛症です!

線維筋痛症。なんだかむつかしそうな病名ですよね。

線維筋痛症について、加茂淳先生の「トリガーポイントブロックで腰痛は治る!」を参考にしながら説明させていただきます。

盛岡せんぼくバランス治療院の整体の上での理論のベースは加茂先生の理論です。

この理論をベースに五十肩を説明させていただいております。

この理論をベースに五十肩を説明し、その上で「バランス操体法」による整体にあたります。

線維筋痛症とは、ひとことでいいますと筋肉のコリが原因でひきおこされるさまざまな症状のことです。

加茂先生の本から引用します。

「筋肉にこり、スパズムが生じ、それをうまく終息できないと、やがてそれは全身に広がっていく。

筋肉のこわばりや痛みのため、いつも疲労感を感じ、それがストレスになって、病状を悪化させるーという悪循環をつくっていきます。

これが線維筋痛症の姿です」。

つまり、筋肉のコリが原因となって、全身あちこちに体調の不良を訴えるようになります、ということです。

この全身のコリを操体法という整体で、「快適感覚」に耳をかたむけてもらいながら、ほぐしていくわけです。
「五十肩なら、ここだ!」と思ったなら、今すぐお電話!
「ホームページを見ました」とお電話下さい
(019)681-3571 予約優先。当日予約も受付けています!

盛岡せんぼくバランス治療院の本体サイトはこちらからです

盛岡市で整体は盛岡せんぼくバランス治療院へ

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。