頭痛なら盛岡せんぼくバランス治療院へ

    「正直、半信半疑でしたが、すぐに痛みがなくなりおどろいています」
    症状:頭痛
    盛岡市 H・K様・高校生

    IMG_0053

    頭痛が無くなり、楽になった。

    脳神経頭痛クリニックへ通っても投薬だけで改善がみられなかったので、こちらで痛みがなくなり感激しました。

    正直、半信半疑でしたが、すぐに痛みがなくなりおどろいています。
    (お客様の声は、すべての方にその効果を保障するものではありません)

次の項目をチェックしてみて下さい。

  • 慢性の頭痛に悩ませれ痛み止めを飲みつづけている。
  • 薬に頼らずに頭痛から解放されたい。
  • 片頭痛(偏頭痛)と診断された。
  • 緊張型頭痛といわれた。
  • 後頭部がズキズキする頭痛。
  • 目の奥がズキズキする頭痛。
  • 耳の周辺がズキズキする頭痛。
  • コメカミや目のまわりの頭痛。
  • この項目にチェックが入ったあなたへ!

    せんぼくバランス治療院はきっと、あなたのお役にたてるはずです。

盛岡市の整体院・盛岡せんぼくバランス治療院の頭痛の整体

盛岡市の整体院・盛岡せんぼくバランス治療院の頭痛の整体は、この後にとりあげます安保先生の理論をベースに、血流の改善がもっとも大切だと考えております。

頭に流れる血液はすべて、「首」をとおります。

ですから、その「首」の歪みをただします。

また、「肩こり」をほぐすところからはじめます。

「 エ~、ただそれだけのことなの!」

と驚かれるかもしれませんね。

それだけで、「頭痛」とくに、「緊張型頭痛」といわれる頭痛が解消する、ケースは大変多いといえます。

また、「顔面痛」、「目の奥の痛み」も、この「首」からのアプローチで解消されます。

このような、頭痛治療を試してみませんか?

そして「頭痛薬」から解放されてみませんか!

頭痛についてのまとめ

ここでは、NHK「きょうの健康」2010年12月号を参考にしながら、頭痛についてまとめさせていただきます。

とってもわかりやすく、解説していただいていますよ。

頭痛は大きく二つにわけることができます。

1)頭痛をひきおこす原因となる病気があり、その病気の症状として現れる頭痛。
  A)くも膜下出血
  B)脳腫瘍
  C)髄膜炎

2)頭痛をひきおこす原因となるほかの病気がないにもかかわらず、繰り返して起こる「慢性頭痛」。
  A)片頭痛
  B)緊張型頭痛

1)については、整体・鍼灸治療院である、盛岡せんぼくバランス治療院の領域ではありません。

甚大な症状ですから、速やかに、専門の医療機関の診察を受けてください。緊急を要します。

2)片頭痛と緊張型頭痛
A)片頭痛がおこる仕組みについて
「片頭痛が起こる仕組みは、まだよくわかっていない部分も多いのですが、

今のところ、脳の血管と、その周囲の痛みを感じる神経が関与していると考えられています」。

片頭痛をひきおこす原因には、
「ストレスからの解放」
「睡眠不足・寝すぎ」
「騒音・強い光・強いにおい」

 女性の場合は「月経」
など、さまざまのものがあります。

「ストレスからの解放」について、付け加えます。
「仕事などのストレスがあり、緊張して過ごしている平日には頭痛が起こらず、ストレスから解放されてリラックスする週末になると、片頭痛が起こることがよくあります」。

B)緊張型頭痛がおこる仕組みについて
「緊張型頭痛には、頭部、首、肩、背中にかけての筋肉の緊張がともないます。

これらの筋肉が緊張することで、周囲の神経が刺激され、痛みが生じると考えられています。

これらの筋肉の緊張は、悪い姿勢をとり続けることでおこります。

さまざまなストレスによる精神的な緊張や不安感、気持ちの落ち込みによっても高まります」。

片頭痛と緊張型頭痛の痛みのちがいについて
A)片頭痛
「激しい痛みが急激に起こる」
「長い時間続かない」
「動くと痛みが強まる」
「吐くことがある」
「光や音、臭いを不快に感じる」

B)緊張型頭痛
「痛みはさほど痛くなく、ダラダラと続く」
「長引く痛み」

盛岡せんぼくバランス治療院の頭痛へのアプローチ

盛岡市の整体院・盛岡せんぼくバランス治療院の頭痛へのアプローチのスタンスは、やはり、安保徹先生の「こうすれば病気は治る」をベースとしております。

頭痛のたね
「頭痛は、一般には片頭痛や緊張型頭痛など、いろいろに分類されている。

しかし私は、この一見それらしい分類は、頭痛がなぜ起こるのかという本質を突いてはいないと考える。

その証拠が、頭痛にはすべて痛み止めが処方されているという現実である。
(*つまり、対処療法であり、症状をとめているだけですよ、という指摘です)

頭痛は名前をつけて分類する必要などない
「本当のことをいえば、頭痛は名前をつけて分類する必要などないのである。

つまり、緊張型頭痛と呼ばれるものは、

ストレスが緊張を生み出した時点で起きるものである。

首から頭にかけてあるいは肩にかけての血管が収縮し血流が途絶えて、筋肉が非常に緊張することによっておこているのである。

(片頭痛は)、その後、そうした緊張した状態から解放されてリラックスしたとき、あるいは体が温まったときに、

今度はズキンズキンという表現があてはまるような拍動性の痛みが出てくる。

それは筋肉が緊張して血流障害が起きていた部分があった場合に、その原因となっていたストレスが取り除かれたとき、その部分の血流障害が解放されて、血液が押しかけている状態なのである。
安保先生の結論
だから、その痛みの違いを片頭痛とか緊張型頭痛などと分類することには、あまり意味がないのだ。

筋緊張による痛みと、緊張が解けて血流が回復したことによって起こる痛み、

この二つなのである。
安保先生のアプローチ

頭痛薬に頼らずにどうすればよいか。

「それは、

どうして筋緊張が起こり、血流が滞ってしまったのかを探ることである。

考えられる原因として一番多いのは、

やはり職場におけるストレスや
家庭内のトラブルなどであろうが、

じっくり考えてみれば、何らかの原因に必ずたどり着くものである。

その他、薬を常用している人の中には、痛み止め自体がストレスと同じ作用に働いてしまって、もともと頭痛の原因であったストレスは解消されているのに、頭痛薬そのものがストレスになってしまっている人もいる」。

安保先生がすすめる頭痛解消の方法

「頭痛発生のしくみが理解できれば、解消の方法もおのずと明らかになる。

ストレスを除くことはもちろんだが、

緊張型の頭痛のときには、

首や手を温めたり入浴したり、

あるいは、夏だったら、

冷房を弱くするのも効果がある。

回復反射による頭痛(片頭痛)があまりに辛い場合には、

首筋を少し冷やしてどっと押しかけてくる血流を和らげてみるのも有効である。

お客様の喜びの声

(このお客様の声はすべての方にその効果を保障するものではありません)

地元にもこんな店があればいいな~

慢性頭痛
久慈市
定期的にもう2年もメンテナンスに通っていただいています。(院長)

IMG_0022

大分楽になりました。

わかりやすいです。

地元久慈にもこんなお店があればいいなあ~と思います。

すごく気持ちの良い時間でした

頭痛も消え今までにない頭の軽さです。
ありがとうございました。
矢巾町・Oさん

首すじのこりがつらく

施術していただくと
筋肉がほぐれていくのがわかりました。
帰る時には頭がスッキリしました。
盛岡市・Sさん

体が楽になりました

気持ちもほぐれ、脳もスッキリしました。
それに自分でもできる体の動かし方を
教えていただき家で調整できるのも気に入りました。
盛岡市・Kさん
「頭痛なら、ここだ!」と思ったなら、今すぐお電話!
「ホームページを見ました」とお電話下さい
(019)681-3571 予約優先。当日予約も受付けています!

盛岡せんぼくバランス治療院の本体サイトはこちらからです

盛岡市で整体は盛岡せんぼくバランス治療院へ

頭痛と結帯動作

240PV

頭痛

盛岡市で整体は、腰痛・肩こりで定評のある、盛岡せんぼくバランス治療院にご来院ください。 「頭痛がここ2週間ほど […]

頭痛と頭の整体

268PV

頭痛

定期的にご来院いただいているYさんです。 あちこち、調子が悪くなります。 今日は、「頭痛」がひどいということで […]

後頭部の頭痛

312PV

頭痛

Eさん。肩こりと頭痛を訴えます。 首コリについては、いつもの定番メニュー、三軸操体法で首を整体することで、ほほ […]

頭痛とスポーツ

313PV

頭痛

小学3年生のそれは可愛らしい女の子です。 20日前から前頭部の頭痛が消えないということです。 待合室でお母様が […]

頭痛と片頭痛

195PV

頭痛

頭痛・片頭痛の新しい治療法が新聞で紹介されました。 (2015年6月10日付けの日本経済新聞です) 岡山大学病 […]

頭痛と目の奥の痛み

216PV

頭痛

「産後で腰が痛くて、肩こりもひどくて、首を曲げると首に痛みがはしって、頭痛もあるんですけど」とUさん・20代女 […]

頭痛と顎関節症

202PV

頭痛

もう10年も頭痛に悩まされている女性の方です。 頭痛の原因はひとそれぞれちがいます。 肩こり、首こり、背中のこ […]

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。