ばね指なら盛岡せんぼくバランス治療院へ

(半年以上かかりましたが、もう撥ねることはなくなってきています)

    指が少し曲がるようになりました
    ばね指・腱鞘炎。右手親指の腱鞘炎で指を曲げる事ができない状態で、包丁、はし等を持つと痛かった。
    盛岡市・吉田敦子様

    3年以上痛みを我慢していたのであまり期待はしていませんでした。

    痛くない治療でほぐして下さるので、安心して続けられると思いました。

    全然曲がらなかった指が少し曲がる様になったので、もしかしたら治るかもと期待が持てた様な気がします。

    整形外科でステロイド注射を3回受けて、次は手術しかないと言われていました。できれば手術はしたくないと思っているので先生を信じて、もう少し治療を続けたいと思います。

    分かりやすい言葉で説明してくださるのでとても聞きやすいです。

    治そうと努力して下さっているので、これからも治療を続けたいと思います。

    「ばね指なら、ここだ!」と思ったなら、今すぐお電話!
    「ホームページを見ました」とお電話下さい
    (019)681-3571 予約優先。当日予約も受付けています!

*腱鞘炎の整体は、個人差はありますが、早期で回復する場合もあれば、治療が長期化する場合もございます。その点を考慮して、腱鞘炎に限り、特別料金で整体しております。詳しくは、当院までお問い合わせください。

    吉田様のばね指の整体に携わって

    この手記を書いていただいてからも、継続して通院していただいています。

    現在では、親指が「はねる」ことはほぼなくなっています。

    確かに、ここまで辿り着くのに半年以上の時間を要しています。

    はたして、私の技術が上手いのか、下手なのかは、皆様の判断にゆだねます。

    ただ、この「ばね指」というのは、これほどやっかいだということです。

    けれども、そうかと思えば、農家の女性の方が同じく親指の「ばね指」でおみえになったケースは、

    2回の整体で、「ばね指」が治った、と、報告に来てもらえました。

    やはり、「ばね指」になってからすぐの受診と3年以上の月日がたってからの受診では、ハンデがあるな、ということです。

    ばね指についてのひとつの見解

    吉田様に徹底的に「ばね指」に鍛えられて、わかってきたことは、

    教科書に書かれていることは、「ちがうな」、ということです。

    教科書には、指の使い過ぎからくる、筋肉・腱の「肥厚」、太くなること、が原因とされていますが、

    太くなることではなく、「ねじれる」ことからくる、

    「筋肉・腱」と「さや・鞘」とのズレ、摩擦が「ばね指」にちがいない、と考えております。

    ですから、筋肉にアプローチするだけでなく、骨の構造にもアプローチする必要がでてきます。

    盛岡バランス治療院のばね指整体

    このようなことから、

    ばね指の原因は一言でいってしまいますと、

    「手の使い過ぎ」にちがいありません。

    それも、「握る」「グー」の動作のせいです。

    包丁を握りすぎたり、ゴルフのクラブを握りすぎてもなるのは、そのせいです。

    「握る」ことからくる、筋肉疲労・コリ・ハリ。

    「握る」ことからくる、骨の関節の歪みです。
    IMG_0121[1]特に、「大菱形骨」、「小菱形骨」のそれぞれの関節面は大変重要な「鍵」をにぎっています。

    やはり、筋肉ばかりではなく、骨のジョイントにもアプローチしていきませんと、片手落ちとなります。

    筋肉の力で骨の関節が歪んでしまったんとしても、その筋肉の張力をゆるめるとともに、

    歪んだ関節を整体していくことも重要です。

    ですから、「骨」にも骨の操法で対応していきます。

    「ばね指なら、ここだ!」と思ったなら、今すぐお電話!
    「ホームページを見ました」とお電話下さい
    (019)681-3571 予約優先。当日予約も受付けています!

次の項目をチェックしてみて下さい

  • 指がはねる。
  • 指が痛くて曲げれない。
  • 現在通っている整骨院や治療院で、ばね指・腱鞘炎の症状の原因について、納得できる説明を受けましたか?
  • これまでのばね指・腱鞘炎の治療の成果に十分満足していますか?
  • 日常生活で自分ひとりでもできるばね指・腱鞘炎のセルフケアの仕方についてのアドバイスを受けましたか?
  • この項目にひとつでもチェックが入ったあなたへ。

    盛岡せんぼくバランス治療院の「ばね指」の整体を受けにいらしてください。

ばね指・腱鞘炎についての説明

「ばね指」とは、手の指を曲げたり、伸ばしたりする時に、

手の付け根のところで、指を曲げる筋肉(腱)がひっかかるため、

指が曲がったままの伸びなくなったりします(ロッキング現象)

また、指に力をいれると、カックンという感触とともに、

急に指が伸びたり曲がったりします。この現象を「ばね指」といいます。

この「ばね指」を別名「弾撥指(だんぱつし)」ともいいます。

また、指の関節部位(MP関節部)に痛みとともに、小結節(骨のようなコリッとした塊)を認める場合もあります。

ばね指・腱鞘炎についての解剖学的解説

指を曲げる筋肉(腱)はところどころで鞘(さや)に囲まれています。

この筋肉(腱)が、手の指の使いすぎにより、筋肉(腱)が肥厚(ふくらむこと)してしまい、筋肉(腱)を包んでいる鞘(さや)とサイズがあわなくなることにより、痛みや、滑らかな動きが阻害されてしまいます。

指を曲げる筋肉(腱)を電車に例えてみます。

そうしますと、その筋肉(腱)を包む鞘(さや)は、トンネルということになります。

何らかの原因、一番の原因は手・指の使いすぎと思われますが、そのような原因により、筋肉(腱)と鞘(さや)とのサイズが合わなくなり、指をまげる筋肉(腱)の滑らかな動きが阻害されてしまいます。

よくあるケースでは、手のひらと指の付け根の部分の関節部分でこの筋肉(腱)と鞘(さや)とがつっかえてしまいます。

「ばね指」とは、このひっかかりのために指を曲げたり、伸ばしたりする動作に支障をきたした状態のことです。

力をいれることによって急にひっかかりが開放される弾発現象(だんぱつげんしょう・はじけること)のため「ばね指」と呼びます。

盛岡せんぼくバランス治療院のアプローチ

盛岡せんぼくバランス治療院は、「ばね指・腱鞘炎」の原因を、手の使いすぎと考えています。

また、その症状を訴えるほとんどの方の、前腕部(手首から肘までの間)を触診してみますと、ハレ・コリが認められます。

これは、指を曲げる筋肉が指から肘までの間を走っているからです。

この手の部分、前腕といいますが、実は、ここまでが、「指」だともいえるわけです。

この前腕のコリ・ハリの確認とそのリリース。

そして、手の「骨」の関節にもアプローチしていきます。
*腱鞘炎の整体は、個人差はありますが、早期で回復する場合もあれば、治療が長期化する場合もございます。その点を考慮して、腱鞘炎に限り、特別料金で整体しております。詳しくは、当院までお問い合わせください。

    「ばね指なら、ここだ!」と思ったなら、今すぐお電話!
    「ホームページを見ました」とお電話下さい
    (019)681-3571 予約優先。当日予約も受付けています!

盛岡せんぼくバランス治療院の本体サイトはこちらからです

盛岡市で整体は盛岡せんぼくバランス治療院へ

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。