四十肩・五十肩はむつかしい

日々整体に取り組んでいるわけですが、やはり困難を極めて、難航するのが四十肩・五十肩です。

発症して時間が経過すればするほど、ますます、その整体は難航します。

現在ご来院いただいている四十肩・五十肩の方の症例を紹介させていただきます。

肩関節のすべての動作で可動域制限

この方の四十肩・五十肩はそれはそれは難航を極めております。

結帯動作はこんな感じです。

お尻までしか、手がとどきません。

肩関節を伸展・後ろに伸ばしてもらうと、こんな感じです。

外転・横から腕をあげてもらいますと、なんとか、90度まで。

前から上げてもらっても・屈曲も90度。

確かに、後ろからその姿をみますと、

左の肩が、極端に下がっています。

肩が下がっているということは、肩甲帯が外転位しているということです。

肩関節の亜脱臼?

肩関節の外転拘縮?

いろいろ思いつく限りの整体を繰り出して、奮闘中です。

結帯動作ができない

もうおひと方は、結帯動作で可動域制限が出ます。


けれども、腕の前上げ・横上げは可能で、真上まで・180度まで腕はあがります。

伸展は・後ろ伸ばしは、やはりこんな程度しかいきません。

この方の原因は上腕二頭筋のコリであろうと、推測できるのですが、これがなかなかそのコリがほぐれてこない。

こちらもまた悪戦苦闘しております。

お二人とも、劇的な改善はみられないのですが、私におつきあいいただいております。

本当にありがたいことです。

このお二人の四十肩・五十肩を改善できた折には、私の整体の技術もさらにもうひとランクも、ふたランクも向上していることでしょう。

なかなか試練の学びの日々です。