肩こりと肩関節の亜脱臼の関連について

肩こりと肩関節の亜脱臼の関連について解決できた症例です。

当初は、軽い「ぎっくり腰」で来院いただいたのですが、

あまりにあっさりと決まってしまったので、肩こりをみます。

首の左右の横倒しで、肩こり、突っ張り感がでます。

また、左肩を前から上げていくと(屈曲)、最後、耳までくると、多少、肩こり感がでます。

そして、腕を、下にもどしてくると、肩が「ゴリゴリ」と音がします。

さあ、どうしよう。この「ゴリゴリ」音。

ゴリゴリ音は関節のズレ

関節のゴリゴリ音は、あちこちの関節で遭遇します。

肩ばかりか、膝関節、股関節などなどです。

考え方とすれば、関節、骨と骨がズレているため、靭帯および骨がぶつかって「ゴリゴリ」と音がするのでしょう。

関節がすっかりはまれば、「ゴリゴリ」音は解消するはずです。

この方の肩こり・肩は、肩関節がズレて、亜脱臼しているために、肩こり・「ゴリゴリ」と音がする、と考えます。

この肩こり、肩関節が亜脱臼しているからでしょう、首を左右にたおすと、肩こり感がでます。

また、三角筋がカチカチに固くなっています。

こう考えます。

肩関節が亜脱臼しているせいで、それを防御するために、三角筋が固くなり、肩関節のさらなる脱臼を保護しているのだと。

さらに、そのせいで、肩こり、首筋のはりも生じているにちがいありません。

肩こりを整体します

肩こりを肩関節から整体していきます。

肩関節の脱臼の整復を行います。

それを、操体法的にアレンジします。

まず、コッヘル法です。

コッヘル法は、上腕・腕を体幹につけたまま、外ねじり(外旋)し、そのマックスのポジションから、上腕・腕を上げていきます(屈曲)。

これを、外ねじり(外旋)した状態から、自分の力で、腕をあげていってもらいます。

続いてヒポクラテス法です。

上腕・腕を体幹につけた状態から、腕を外ねじり(外旋)しながら、外に軽くひらいていきます(外転)。

そこから、腕を内にねじり(内旋)、体幹の前を通していきます(内転)。

この内旋・内転の動きをじぶんの力でやってもらいます。

すると、これは、なんのことはない、肩関節・手関節からの操体法の動きと同じであることがわかります。

脱臼の整復の狙い

肩関節の脱臼は、そのほとんどが、上腕骨頭が前にぬけることからおこります。

前方に脱臼した骨頭を後方に戻してあげる整復です。

コッヘル法では、腕を外旋・屈曲することで、骨頭を後方に戻します。

ヒポクラテス法では、内旋・内転することで、骨頭を後方に戻します。

このような、整復をこの方に試みましたが、まだ、肩は「ゴリゴリ」鳴るわけです。

まだ、はまりきっていません。

この整復法は、前方脱臼の整復なわけです。この方の亜脱臼の方向とは、ちがうと考えます。

肩関節の下方への亜脱臼

この肩こり、肩関節の下方への亜脱臼を想定してみます。

この方は、パン工場で働いていて、毎日、小麦粉のはいった20キロの袋を何十、何百も、運ぶそうです。

「なるほど。そうです」。その重さで、肩関節が下方に亜脱臼したにちがいありません。

骨格は疲れれば、歪む、ゆるみます。そのままの状態がつづけば、筋肉が亜脱臼を補助するために固くなりそのポジションを維持しようとします。

その状態が、三角筋のコリとなります。この方、三角筋がカチカチです。

それでは、肩関節の下方への亜脱臼の整復を試みます。

すると、明らかに、肩の「ゴリゴリ」音が減少しました。

3回整復します。

なんと、肩の「ゴリゴリ」音が鳴らなくなりました。

肩が整復され、正しいポジションに収まったと判断して良いでしょう。

「あ~、肩がすんごく軽くなった」と肩を動かします。

首の左右への横倒しの可動域も驚くほど改善されました。肩こり感もありません。
肩こりと肩関節の脱臼(1)
そういうことだったんです。

この肩こりは、肩関節の下方への亜脱臼が原因だったということです。

肩関節の下方への亜脱臼の整体

それでは、この肩こり、肩関節の下方への亜脱臼の整体です。

まず、脇の下に手をいれ、上腕骨を上にあげて支持します。
肩こりと肩関節の亜脱臼(2)
ここから、腕・上腕を外ねじり・外旋していきます。
肩こりと肩関節の亜脱臼(3)
このマックスのポジションから、腕を上げていってもらいます。外転ですね。
肩こりと肩関節の亜脱臼(4)
このような整体を3回行いますと、肩の「ゴリゴリ」音は鳴らなくなり、

首の可動域はよくなり、首からの肩こりはなくなり、さらに、肩を動かしての肩こりもなくなりました。。

肩こりと肩関節の亜脱臼について、理解が深まった整体となりました。