「虫がムズムズ動く感じ」の違和感

なんとも不思議な症状を訴える肩こりの方がいるものです。

肩まわり、首まわりが痛いとか、ハルとかではなく、

ムズムズして苦しいというのです。

後頭部の付け根から首筋にかけて、そのようなムズムズして苦しい症状がでていて消えない、常にムズムズしていると訴えます。

最近はその症状がひろがって、頭の中までムズムズしているのだそうです。

その説明によるとこうです。

「脳にはシワがあるじゃないですか。

そのシワに虫がびっしりつまっていて、ムズムズ動く感じ」といいます。

なんとも、不思議な違和感です。

ここ3か月ほど、この症状に悩まされていて、整形外科に行き、さらには脳神経外科も受診したそうです。

MRIの画像検査も受けたのですが、いずれの病院でも、脳にも頸椎にも異常はないという診断です。

「しいていえば、頸椎がちょっと狭くなっていて、ヘルニアぽいから、そのせいかな」といわれたそうです。

このような症例、肩こりは整体したことがないことを正直に伝えます。

むずむず脚症候群との関連は?

確かに「むずむず脚症候群」という言葉は聞いたことがあります。

「むずむず肩こり・首こり症候群」ということになるのでしょうか?

わかりません。

お話をきくと、7年ほど前から、似たように、両肘が「むずむずして苦しい」のだそうです。

肘のむずむずして苦しい感じと、首筋のむずむず感は似ているのだそうです。

まず、整体してみることにします。

肘に触れると、明らかに、そこがカチカチに固くなっています。

その肘の固さを整体しますと、「むずむずする感じの範囲が狭くなったような気がする」といってもらえます。

頭にふれると、熱感、ほてりを感じます。

脳の中のむずむず感の解消を狙って、アイシング操法を行います。

「気持ちいい」といってもらえ、結構長い時間、そう10分ほども氷で頭と首筋を冷やし続けます。

頸椎に沿った首筋、頸板状筋・頭半棘筋をふれると、これまたカチカチに固くなっています。

ここも直接、整体していきます。

すると、ありがたいことに、首筋のむずむずする感じの範囲が狭くなった気がする、といってもらえます。

むずむず感にについての仮説

こんなことを考えてみます。

感覚神経のセンサー、受容体がコリにふれると、

痛みの受容体がそのコリを感知するのではなく、

むずむず感を出す受容体が作動してしまうのではなかろうか?ということです。

コリを痛みやハリとして感知するのではなく、むずむず感として感知してしまうのではなかろうか?ということです。

コリを痛みとして感知するか、むずむず感として感知するかは、個人の体の資質によるもので個人差があるにちがいない。

この方の体は、コリをむずむず感として脳に教えているに違いない、ということです。

そんな気がします。

触れることが出来たコリを整体していくことで、このむずむず感が消失するものか、整体を進めていこうと考えております。