むずむず感に悩まされている方は全国にたくさんいます

むずむずする肩こりというテーマで以前にレポートさせていただきました。
「ムズムズする肩こり」
調べてみますと、このようなむずむず感に悩まされている方は全国にたくさんいらっしゃることがわかってきました。

それも、首筋だけではなく、背中まわり、肩甲骨の内側など、体のあちこちにこのむずむず感は出現するようです。

そうすると、逆にこのむずむずする現象というのは、特異な現象ではなく、ありふれた、よくある現象なのだということです。

私が遭遇したのは初めてなだけで。

そうすると、ますます、このむずむず感というのは、「コリ」に対する体の反応のひとつと考えてまちがえではないのではなかろうか、と思えてきます。

初めは、確かにおどろきました。

そのむずむず感の形容が「虫がムズムズ動くような」むずむず感というのですから。

けれども、この「虫がムズムズ動くような」という表現も、これも、この症状でお悩みの方に共通する表現であることがわかりました。

この方、首筋から後頭部にかけて、この「虫がムズムズ動くような」症状に悩まされているわけですが、

肘の前面がむずむずする

もうひとつ、同じ症状、同じ感じが両方の肘の前面に出現しているというのです。

肘の前面ということは、肘の曲がる方の面ということです。

もう7年ほどもその症状が続いていて、湿布を貼り続けているということです。

最初に症状が緩和されてきたのは、こちらの肘の方からです。

肘が軽くなり、肘回りのむずむず感の範囲が狭くなってきたといってもらえます。

肘だからといって、肘周辺を整体したわけではなく、肩甲骨周辺を整体していきますと、

「なんか肘が軽くなってきた」といってもらえたので、

肩甲骨周辺を徹底的に整体しつづけました。

肩甲骨周辺を整体する

どうやら、ここみたいです。

三角筋の後部繊維と棘下筋、小円筋があわさる地点です。

この三つの筋肉が束になって、コリの板になっています。

ここを整体しますと、「肘が軽くなる」といってもらえます。

ここのポイントと肘との関係をどのように、関連付けるかは、いまだ、考察中ですが、

ここのポイントと肘の前面との関係は事実としてありそうです。

まだまだ、完全にこの肘のむずむず感が消失したわけではありませんが、

なんとか、成功させたいものです。