右の首の付け根に痛みが生じる現象について

首を右にねじると、右の首の付け根に痛みが生じる現象についてのレポートです。

首を右にねじると、右の首の付け根に痛みが生じます。

ちょうど、この辺です。

この現象と逆の現象も起こります。

首を左にねじると、右の首の付け根に痛みが生じる現象です。

こちらの現象の方が、出会うことも多く、説明の仕方も容易です。

「左に首をねじると、右の首筋から首にかけてコリがあるから、引っ張られて痛みが出るんですよ」と。

すると、この説明では、右にねじった際、なぜ、右の首の付け根に痛みが生じるのか、説明できません。

ほとんど、同じ位置に痛みがでるというのに!

なぜ、首を右にねじると、右の首の付け根に痛みが生じるのでしょうか?

では、なぜ、首を右にねじると、右の首の付け根に痛みが生じるのでしょうか?

胸鎖乳突筋をみてみます。

左の胸鎖乳突筋にガムテープを貼りました。

左の胸鎖乳突筋が作動すると、首は、右にねじられます。

解剖学的には、こんな記述になります。

「一側が働くと、反対側方に回旋する」。

やはり、わかりづらいですね。

実際に、左の胸鎖乳突筋に触れながら、首を右にをねじると、左の胸鎖乳突筋が大きく動くので、このことは確認できます。

さて、この胸鎖乳突筋の停止部である「乳様突起」とこの痛みが出るポイント、

また、右の後頭骨の上項線とこの痛みが出るポイントをガムテープで結んでみます。

そして、首を右にねじってみます。

すると、もうお分かりですね。

このガムテープは、はがれてしまいます。

こういう現象が起きていることから、首を右にねじると、右の首の付け根に痛みが生じていたわけです。

ちょうど、首を右にねじると、右の首に痛みが出る患者さんがいらっしゃいました。

前回は、足からの整体で、ほぼ、首の付け根に痛みはでなくなっていました。

ですが、「まだ、ちょっと」痛みが出るということです。

「また、足から攻めるんでしょう?」と私の手口を先回りして、申します。

ふふふ。

狙いはちがいます。

右の後頭骨のヘリを整体します

右の後頭骨のヘリを整体します。

すると、予想通り、首を右にねじっても、右の首の付け根に痛みが出なくなりました。

「前回はテニスを頑張りすぎたせい、ということで、足から整体したわけですが、

ここ(後頭骨のヘリ)で痛みが出なくなるということは、目の使い過ぎ、目の疲れ、仕事の疲れですよ」と説明しました。

さらに、目のへりから頭部~頭頂~後頭骨のヘリまでを整体しますと、

もっと、首の動きは楽になりました。

胸鎖乳突筋と僧帽筋についての考察

肩こりの考え方として、胸鎖乳突筋と僧帽筋についての考察ともいえます。