三角筋が原因となる可動域制限について

肩こりと三角筋についてのレポートです。

三角筋というのは、肩の盛り上がりを形成する筋肉です。

大きくて、だれでも触れることができる筋肉ですが、

その可動域制限についてはあまり知られていないように思われます。

例えば、首を左右に倒す動作、側屈で首筋に窮屈感がでる場合はよく遭遇する臨床です。

この首の側屈の動作の可動域制限を引き起こす筋肉はさまざまですが、

そのひとつとして、この三角筋をあげることができます。

三角筋にコリ・拘縮が生じますと、首の側屈の動作の可動域制限を引き起こします。

例えば、右の三角筋にコリ・拘縮が生じますと、首の左側屈の動作に可動域制限が出現します。

三角筋の起始部

三角筋の起始部をたどっていきますと、

前部は鎖骨の外側に

後部は、肩甲棘に付着します。

肩の盛り上がった筋腹にばかり目がいきますが、この起始部は盲点になっています。

特に、この後部の付着部。

肩甲棘です。

ずいぶん奥まで、内側まで入り込んでいます。

調べてみますと、肩甲棘の下面に付着します。

肩甲棘の上面には、僧帽筋が付着します。

この肩甲棘を整体しますと、首の側屈の動作は改善されます。

肩甲棘の整体ですから、

上面の僧帽筋と下面の三角筋、いずれの影響をも受けると考えられます。

首の側屈との関連性について

また、停止部の上腕骨の三角筋粗面を整体しても、首の側屈は改善されます。

このように、首の側屈ひとつとってみても、

これまで、いくつものレポートを書いてきたように、さまざまな要因が原因となって、

可動域制限を引き起こすということです。

ひとつひとつ、その原因をさぐりながら、

触診と確認のための動診を繰り返していくしか術はありません。