鎖骨下がズキンと痛い

鎖骨の下が痛いということです。

鎖骨とちょうど乳房との間に痛みがでて、肩も上がらなくなったし、左肩を下にして横になることもできないといいます。

筋肉でいえば、大胸筋の痛みということです。

ちょっと珍しい症例です。

仕事の様子をイメージしてみます

この方のお仕事は、保育士さんです。

そのお仕事の様子をイメージしてみます。

いまの担当が1歳児ということで、左腕でだっこする姿が思い浮かびます。

聞けば、やはり、左腕でだっこして、右手でいろいろ作業をしているということです。

これは、きっと、左腕で1歳児をだっこしすぎたせいで、左の鎖骨下に痛みが出ているに違いありません。

1歳児をだっこしているために、左肩から鎖骨、肋骨までが下にさがったと思われます。

視診、見た限りでは、極端に左肩が下がっているようには見えませんが、、、。

首もやはり動きません

動診してみますと、鎖骨下に痛みは出ているのですが、

首がもうほとんど動きません。

左右にねじっても、左右に倒しても、可動域制限がでます。

こうなれば、もうアプローチする部位は決まってきます。

そう、首の可動域制限といったら、これは、もうお腹の整体から始めます。

やはり、左の側腹部にコリがあります。

左腕で1歳児を抱いているので、左の側腹部に負担がかかっていたのでしょう。

まずは、ここ、左の側腹部を整体します。

お腹を整体すると、大概の場合は、首の可動域が改善するものです。

ところが、思ったほど首の可動域が改善してきません。

肋骨を整体します

なるほど、されば、とて、側腹部から上、頭のほうへ整体の部位を変えていきます。

そう、肋骨です。

左の肋骨、側腹部から脇の下にかけてのポジションを整体します。

筋肉では、外腹斜筋から前鋸筋です。

ここが凝っていて、柔軟性がありません。

肋骨から剥がすにはあまりにコリが厚すぎます。

コリをもみほぐすように整体していきます。

かなり、痛がります。

それほどこの外腹斜筋と前鋸筋がこっています。

側腹部の外腹斜筋から脇の下の前鋸筋までを整体していきますと、

ようやく首が動き始めました。

左右のねじりも、左右の側屈も可能になりました。

そして、主訴であった、鎖骨下の痛みも、消失しました。

軸の回転で考えても、首の側屈で可動域制限が出る場合には、体幹の側面を整体するのは、セオリー通りの整体の方法と言えます。

盛岡せんぼくバランス治療院の本体サイトはこちらからです

盛岡市で整体は盛岡せんぼくバランス治療院へ

肩こりの専門サイトはこちらからです

肩こり